「沐浴」はいつまでするもの?「入浴」へ移行するタイミングが分からない

子供を育てていると、色々な「タイミング」に悩むことが多くあります。

個々の成長にも左右されますし、育児書などを参考にするより自分たちの「ライフスタイル」に合わせるほうが良いという意見もあります。

最近悩んでいるのは、「沐浴」から「入浴」へ移行するタイミング。

我が家では、お風呂場でリッチェルの「ふかふかベビーバス
」を使って沐浴するスタイルを続けています。

育児書などには、生まれてから1ヶ月は大人との入浴は避けることを推奨しています。

タイミングが分からない

最近悩んでいるのは、1ヶ月検診の時に問題がなければ、その後に大人と一緒に入浴することも可能となります。

だからと言って、すぐに「入浴」へ移行するのも考えもの。

一緒にお風呂に入ったりするより、サクッと「沐浴」させてた方がまだラクな気がするからです。

しかも、お風呂に浸かっている時に「うんち」や「おしっこ」をしないとも限らないですからね。

ただ、月齢が進んでくると大変になってくるのが「重さ」

まだ首もすわっていないので、片手がどうしても塞がってしまいます。

背中を洗う時は特に、片手で支えるのがツラくなってきました。

そのため、「沐浴」の方がラクだけど「入浴」に移行したい気持ちもあります。


移行するなら

「入浴」に移行するなら、首がすわった頃からのほうがラクなのかなという気はしています。

でも、片手だけではツラいので「バスチェア」を買うことも検討もしています

現在使っているリッチェルの「ふかふかベビーバス」ですが、一応3ヶ月頃までと書かれていますし。

我が子は現在身長が65cmくらいなのですが、ベビーバスの横をガンガン蹴るようにもなってきているので、少し洗いづらくもなってきているんですよね。

今でも座らせる状態にはできますが、固定はされていないので「バスチェア」の方が今後は良いのかなと。

購入しようと思っているのは、「リッチェル」か「アップリカ」。

リッチェルのバスチェアは、前の部分がパカッと開くようになっていて、アップリカよりカラフルな印象。

アップリカのバスチェアは、滑りにくそうなシートが印象的です。

でも、どちらの口コミでも「滑る」とか「水が溜まる」など書かれているので、色の好みなどで買うくらいで良いのかもしれませんね。

アマゾンでバスチェアの値段をチェック!

まとめ

親子でお風呂に入りたいという気持ちはありますが、我が家ではまだ先のことになりそうです。

でも、ひとまず「バスチェア」について勉強しておきたいと思います。