「東京ソラマチ」ではベビーカー移動が大変!その理由とは?

浅草とセットで観光に来る人が多い「東京スカイツリー」ですが、割と家から近いとあって私と妻は子供が生まれる前からよく行っています。

いつでも登れると思って、実はまだ一度も上まで登っていないというありがちな感じではありますが…

まあ、「東京スカイツリー」というか目的はいつも「ソラマチ」。食品を見たり雑貨を見たりと、ふらっと散歩するにはちょうど良いですよね。

そんな感覚を持ちながら我が子を連れて行くと、また違った面も見えてきました。

「おむつ替え」は開放的!

数年前に出来たばかりの建物とあって、やはり子育て世代には必要な設備は揃ってます。何カ所か「おむつ替え」ができる場所あがあって、特にオススメなのは「ソラマチダイニング」がある6階の「おむつ替え・授乳室」

日差しが強い日はブラインドが下ろされている時もありますが、オープンな作りとなっているうえに大きな窓で外が見えるのでとても開放的。そのため、男性でも非常に入りやすい環境となっています

カーテンで区切られた個室的な授乳部屋も2つあり、他の授乳室と比べるとちょっとオシャレな作りになっています。もちろん、ミルク用のお湯やレンジも置いてあります。

それにしても、なんで「おむつ替え・授乳室」って、隠すように奥まったところに多いんですかねー

ソラマチでベビーカーは動きづらい

「ソラマチ」には、生後2ヶ月から対象の100円硬貨返却式ベビーカーがあります。

もちろん、自分のベビーカーを持って行くのも良いのですが、電車やバスで行く時には「抱っこ紐」で行ってベビーカーを借りようかなって時もあると思います。

我が家では両方のパターンで試しましたが、結論から言うと「ベビーカーはオススメしない」です

なぜかというと、「ソラマチ」の中を移動する時は縦の移動が意外と多くなるからです

一般的なモールであれば基本的に2〜3階くらいしかないので横の移動ばかりですが、「ソラマチ」はビルの中なのでフロアを上下に移動することが多くなります。

フロアを移動する場合、ベビーカーだと必然的に利用することになるのが「エレベーター」

マップでみると「エレベーター」の数が多いように見えますが、それ以上に利用者と空気を読まない人が非常に多いのが難点なんです

エレベーターがクセもの

「エレベーター」は押上駅側と浅草側、そして中央部分にいくつかありますが、中央部分にある「エレベーター」が非常に混みます

押上駅側は少し奥まった感じの目立たない場所にあるからか、いつも空いていてオススメ。じゃあ毎回「エレベーター」を利用する時に押上駅側まで行くかというと、そんな面倒くさいことはできないですよね。

まあ少しぐらいならと思って中央部分にある「エレベーター」に乗ろうかと思うと、何台も見送って全然乗れない場合もあったりします。そして、私以外には誰も気づいていないのかと疑いたくなるような表示が。

それは、「ベビーカー・お年寄り優先」の文字

「ん??ベビーカーの人やお年寄りがいっぱい待っているのに、さっきから若いカップルがガンガン乗ってるぞー。最近の若い子は、字も読めないのかー。」と、何度も心の中でつぶやいていました。

穴場スポット

「ソラマチ」に来たとはいえ、やっぱり誰でも「スカイツリー」を眺めたりしたくなるもの。多くの人が見上げている場所といえば「スカイツリー」の入り口でもある4階の広場なんですが、人がたくさんいて落ち着かないですよね。

そんな時は、エレベーターに乗って8階まで行ってみてください。8階には「ドームガーデン」という広場があるのですが、初めて行くとビックリします。

だって、誰もいないですもん

とはいえ、口コミなどで徐々に知られてきてはいますが、それでも人が全然いないので「スカイツリー」を見ながら日向ぼっこすることができます。

覚えていたら、ぜひ行ってみてください。

さいごに

ずっと抱っこしているのも大変かもしれませんが、「ソラマチ」に関しては「ベビーカー」を利用するともっと疲れるなと感じました

100円硬貨返却式ベビーカーを借りてすぐ適当に返せば良いじゃないかとも思いますが、これも返却できる場所が少ないというなんともいえない感じでもあります。

「東京スカイツリー」&「ソラマチ」を訪れる際には、「抱っこ紐」メインで移動したほうがラクだと思いますよ