我が子が生まれて約3ヶ月!ベビー用品の購入やレンタルで気づいたポイント

我が子が生まれてから、約3ヶ月。

我が家のリビングは生まれる前とは違い、物を極力置かないような状態からベビー用品だらけの部屋へと様変わりしました。

これまでも「ベビー用品」について何度も書いてきましたが、振り返ると「もっと先に研究しておけば良かった」と思うこともチラホラ

もしこれから購入やレンタルをしようかと悩んでいる人がいれば、少しでも参考になればと思っています。

>ベビースケール

ベビースケール

ベビースケールをダスキンでレンタルしていて、もう少ししたら返す予定となっています。

どの程度の期間必要になってくるのか分からなかったので、まずは1ヶ月で申込しました

でも「母乳」の出が悪くなったりと心配な時期もあって、延長の延長で結局トータルで3ヶ月のレンタルとなりました。</p

レンタルしているのは、2g単位で計測できるタイプのスケール。

でも、6kgを越えると5g単位でしか計測できなくなるので、「母乳量」を計測するには単位が大き過ぎとなってしまいます。

注意点1:割引がある

ダスキンの場合に限らず、レンタルショップでは3ヶ月などの長期になると割引になる場合があります

我が家の場合は結局3ヶ月レンタルしているので、最初から3ヶ月にすれば良かったと思いました。

注意点2:計測は6kgまで

機能としては10kgを越えても計測できますが、「母乳量」を計るということを考えるとあまり意味がなくなると思います。

また、受け皿がそこまで大きくないので、6kgを越えると反ったりして落ちそうになるので乗せるのが怖くなってきます。

成長の早い子供になると2ヶ月とかで6kgを越えてしまう場合もあるので、一概に最初から割引などがある長期でレンタルするのも考えものだと思います。

でも、「完全母乳」で頑張る人には、始めから3ヶ月の長期でレンタルしても良いと思います。

逆に、もっと長くレンタルしようと思っている人もいると思いますが、3ヶ月を越える長さでレンタルする必要はないと思います

防水シート

防水シート

防水シートはなんとなく必要だと思って購入してしまいましたが、布団と同じ大きさの物は必要ないと思います。

まず、頭や足先の方なんて防水になっている必要性がないですからね。

むしろ、防水シートがあることにより、赤ちゃんの背中が蒸れて「汗疹」の原因になってしまう可能性も。

必要がない理由1:今の「おむつ」は性能が良い

よっぽど「おむつ」の変え方が下手でない限り、あまり漏れることはないですからね。

しかも、「おしっこ」や「うんち」をする度に泣くので、許容量を越えることもあまりないと思います。

まあ、泣かなかったとしても、サインが出る度に「おむつかぶれ防止」でこま目に変えておきたいですからね。

必要がない理由2:おむつ替えシートが便利

防水シートより、腰の周りだけの大きさの「おむつ替えシート」を買うべきだと思いました。

その理由は、外出できるようになると必然的に「おむつ替えシート」が必要になってくるからです。

「おむつ替えシート」の方がアマゾンなどで安く手に入るので、2〜3枚持っていればローテーションしながらどれかが汚れても安心して使うことができます。

肌着

肌着

生まれる前に色々な人の口コミを見て研究していたのですが、すぐに成長していくので多くはいらないという方向であまり購入しておきませんでした。

しかし、生まれてみて分かったことは、「よく吐き」「よく濡れ」「よく汚れる」です。

では、どんな時に必要となったのか。

必要な時1:吐き戻し

「ゲップ」させる時もそうですが、そうでない時も吐き戻しがあるんですよね。

タオルやスタイなどでカバーできる時もありますが、予想以上に出したり流れたりして「着替えた方がイイね、これ」ってなることが多々あります。

必要な時2:失敗した時

「おむつ替え」の時に、「放尿」などにより思わぬことで肌着が濡れてしまうこともしばしば。

個人的ではありますが、早朝寝ぼけてる時に失敗してしまう傾向があります。

必要な時3:漏れによる汚れ

「おむつ」が合ってない時に多い事故といえば、「漏れ」

ちゃんと替えたつもりでも「背なか漏れ」などは誰しも通る道なので、サイズの狭間あたりの体重の時は必要になる場合があります。

赤ちゃんの肌着は小さく洗濯してもたいした量ではないので、結局10枚くらい購入してちょっと汚れたら肌着を替えるスタイルにしました

その方が、おそらく赤ちゃんにとっては快適に過ごせるし、親としても心配することなく服を頻繁に替えてあげられるような気がします。

おしゃぶり

おしゃぶり

「おしゃぶり」に関しては、未だに答えが出ていません。

というのも、最初に購入したのは一番小さなタイプで「Nuk」の0ヶ月〜6ヶ月のもの。

それが、2ヶ月あたりで口からすぐに出てしまうようになってしまいました

小さいのかと思い、「ピジョン」の3ヶ月からの物を購入。

それでも、口からポロポロだしてしまうので、相性とか好き嫌いがあってどの「おしゃぶり」が良いのかは相変わらず分かっていません。

もしかすると、単純に我が子は「おしゃぶり」が好きではないだけかもしれませんが。

おしりふき・コットン

おしりふき・コットン

数ヶ月は「おむつ生活」になるということで大量に購入した「おしりふき」ですが、かぶれてしまい我が子には使えなくなってしまいました。

こればかりは、分からないですからね。

「ほぼ水」といっても別の成分が少し入っているので、我が子のように反応してしまう子もいるでしょう。

そこで、拭き方を変えて使い始めたのは「コットン」。

最初は薬局などで売っている女性が使う正方形の「コットン」を使っていたのですが、小さ過ぎて使いづらい。

そこで購入したのは「アカチャンホンポ」で売っている大判のものなのですが、大きい方が枚数少なくして拭き取れるような気がします。

「コットン」に関しては、最初から大判にしておけば良かったと思いました

まとめ

子供によっても個人差があるので何とも言えませんが、頭の片隅にでも残して購入時の参考になればと思います。