なぜかカメラに興味津々!?赤ちゃんの「笑顔」の写真はなかなか難しい

我が子が生まれてから、約2ヶ月半。

2週間ほど前から笑いかけてくれるようになっていたものの、まだニコッとするだけ。

それが昨日、突然声を出して笑いかけてきました。

嬉しくなった私たちは、笑わせようとしましたが結局声を出して笑ったのはその時だけ。

これからしばらくは、私たちが翻弄されそうです。

なかなか難しい

最初に笑顔を見せるようになってから、日に日に笑っている時間が増えてきました。

最初は午前中に数回ほどだったのが夕方でも笑うようになり、今では夜中でも1人でニコニコしています。

そうなると、親としては『その瞬間』を撮りたくなるもの。

でも、まだ笑顔を見せてくれるタイミングが分からないので、笑った時にすかさずカメラかスマホを構えます。

しかし、これがなかなか難しい。

構えた途端、我が子の興味は私たちではなくカメラとスマホに。

当然ながら、「何だ?」と言いたそうな顔になるので「笑顔」を撮ることが全くできないんです。

やってみたこと

写真

写真を撮ろうとを構えると、我が子の興味は「カメラ」や「スマホ」。

ならば、どんな感じに撮れているか分からないですが、自分の顔の横にカメラを構えて撮る手段に出てみました。

しかし、失敗。

やっぱり我が子の興味は、レンズのままでした。

次に試してみたのは、妻と対面になってもらい、笑いかけた瞬間を斜め後ろから撮るという手段。

しかし、これも失敗。

どうしても、黒い物体に興味が湧くようです。

それなら、淡い色のカバーをしたタブレットならと試してみました。

すると、笑顔の写真を撮ることに成功しました。

まとめ

さらに月齢が進むと一日中笑うようになるらしいですが、嬉しくて1日でも早く写真や動画を撮りたくなってしまいました。

我が子に毎日笑ってもらえるような家庭にできるよう、頑張っていきたいと思うばかりです。