「カーシェアリング」を利用したことある?人気の3社を徹底比較

最近若い人の間で免許を取らない人が増えていると言いますが、都会に住んでいる人にとってはあまり必要とされないだけあって当然かもしれないですね。

そして、車を所有するにあたり必要になる様々な「出費」。

車を購入すれば、保険や駐車場代、そして税金などを払わなければならないので、人によっては「車は負の財産」なんていう人もいます

でも、よっぽど酷い車酔いをする人以外は『ドライブ』をすることが好きな人は多いはず。なにより、行きたいところへ車に乗っているだけで楽に行けるわけですから。

『レンタカー』を利用するという手はありますが、短時間で気軽にというわけにはいきません

予約した上で車を店舗まで借りに行き、返す時にはガソリンを「満タン」にして返すのが基本となってきます。

『レンタカー』を借りるまででもないし、でも車を利用したいという場合には今話題の『カーシェアリング』というサービスを利用してみてはいかがでしょうか

カーシェアリングとは

『カーシェアリング』とは、字の通り「カー(車)」を「シェア(共有する)」するサービス。通常のレンタカーでは店舗へ借りに行きますが、基本的に「カーシェアリング」は近所の専用パーキングに車を取りに行きます。

この「専用のパーキング」ということから分かるように、店舗ではないので人との手続きなどは発生しません

そのため、自分で近所にある車の空き状況を確認し、予約をいれるだけで余計な手続きなく車を借りることができます。

カーシェアリングの利点

『カーシェアリング』の大きな特徴は、時間の区切りが短いということ。料金が発生する単位が15分を一区切りとしている会社が多く、少しだけ車を借りるということができます。

そしてもう1つの利点は、「給油」の必要がないということです。

レンタカーでは返す時にガソリンを満タンにするプランがほとんどですが、「カーシェアリング」は必須ではありません。なぜ「給油」の必要がないかは後ほど紹介します。

最後に紹介する利点は、保険も含まれているということです。普段から車を所有している場合には、任意保険に加入している場合は「保険」は不要でしょう。

ただし、車を持っていない人は万が一を考えて通常の「レンタカー」を利用する時には、ほとんどの人が保険を付帯するでしょう。

しかし、『カーシェアリング』では保険の付帯も料金に含まれているので、余分な追加料金も発生することなく利用することができます

レンタカーとの違い

「レンタカー」は基本的に、店舗から「車を借りる」という『お客様』という立場で利用することになります。「カーシェアリング」も利用する人は「お客様」ではありますが、「シェア(共有する)」するという点では大きく違う部分もあります

主に違う点といえば、やはり「店舗」を持たないということでしょう。つまり。営業時間に左右されないため、「24時間、好きな時に利用できる」ということが特徴です。

そして、『カーシェアリング』ならではのシステムが「給油」でしょう。

カーシェアリングでは車に「給油専用のカード」置いてあるので、ガソリンが減ってきたら「給油」する時に「専用カード」で支払います。もちろん、料金はサービス側の負担となります。

そして「給油」には特典があり、一定量減ってから状態から「給油」すると「15分」割引してくれることもあります。つまり、「給油」という作業をすると、仕事をしてくれた代金として「15分」の利用分をもらえるわけです。

カーシェアリングの利用例

実際に『カーシェアリング』を利用するとした場合、どのような時に便利かと言われると思い浮かばないと思います。ですが、知ってみると思ったより使う用途があると気づくかもしれません。

雨の日の送り迎え

ちょっとした雨の日は気にしなくても、大雨の日なんかには家族を迎えに行ってあげたくなることもあるでしょう。そんな時、近所に空いてる車があれば、短時間だけ送り迎えに利用できます。

出張先で時間に余裕が

出張に出た時に、思ったより商談などがスムーズに進み時間が余ってしまうこともあるでしょう。そんな時、観光でもしたくなったらアプリで近所の車を探して楽しむことができます。

渋滞を回避

土日や連休などに車で旅行へ行くと、渋滞に巻き込まれてしまい現地に着くのが遅くなってしまうこともあるでしょう。そんな時、ある程度までは電車などを利用して、旅先だけは車で回るという楽しみ方もできます。

終電後に利用

家族が仕事などで終電を逃してしまい、家に帰りたくても帰れないということもあるでしょう。そんな時、24時間利用可能なので、自宅の近所で車を借りて迎えに行ってあげることもできます。

病院への利用

出産や突如怪我をしてしまった場合、タクシーなどを呼ぶのにも時間がかかってしまうこともあるでしょう。そんな時、近所に利用できる車をすぐに探して、家族や友人が病院まで送っていってあげることができます。

定期的に行くところがある

普段は車を利用することはないけど、月に1〜2回は習い事などで遠くに出かけるということもあるでしょう。そんな時、事前に予約をしていれば、電車を乗り継いで行く必要もなく車で楽に出かけられるでしょう。

カーシェアリングのデメリット

1番のデメリットといえば、「絶対に車を借りることができる」わけではないということです。もちろん、少し離れた場所にも多くの車を見つけることができますが、場合によっては最寄りの駐車場に車がないという場合もあるでしょう。

もう1つのデメリットは、月額料金が発生するサービスがほとんどということです。「オリックスカーシェア」のように会員登録だけで済むプランもありますが、使わない月もお金を払う必要がでてくるでしょう。

タイムズ、オリックス、カレコを比較

今回比較する3社は、比較的どこにもである『カーシェアリング』となっています。

『カーシェアリング』のことを気にして近所を歩いてみると、こんなにいっぱいあったのかと驚くと思います。では、決め手となる部分にポイントを絞って比較してみましょう。

初期費用
  • タイムズカーシェア・・・1,550円
  • オリックスカーシェア・・・1,000円
  • カレコ・・・1,500円
上記は個人契約の料金となっているので、法人契約の場合は料金が異なります。

そして、1番気になることは月額料金でしょう。『オリックスカーシェア』には無料プランも存在するので、月額料金がかかるプランで比較します。

スタンダード月額料金
  • タイムズカーシェア・・・1,030円
  • オリックスカーシェア・・・980円
  • カレコ・・・980円
それぞれ月額料金として請求されますが、「月額料金=無料利用分」として使用できます。

『オリックスカーシェア』には無料プランも存在すると言いましたが、このプランの場合は時間の使用料金が異なってきます。また、利用する車種によっても金額が変わってくるので利用時には気をつけましょう。

使用料金
  • タイムズカーシェア・・・「ベーシック」206円/15分、「プレミアム」412円/15分
  • オリックスカーシェア【月額】・・・「スタンダード」200円/15分、「デラックス」300円/15分
  • オリックスカーシェア【無料】・・・「スタンダード」300円/15分、「デラックス」450円/15分
  • カレコ・・・「スタンダード」300円/15分、「デラックス」450円/15分

次に忘れてはならない料金は、「距離料金」。通常の「レンタカー」には存在しない、走った分の「料金」も追加請求されます。

これも会社によって料金が違うので、どのくらいの距離を走るのかによって使いわけておくと良いでしょう。まず、6時間以内の利用ではどうなるか比較してみましょう。

距離料金(6時間以内)
  • タイムズカーシェア・・・追加なし
  • オリックスカーシェア・・・15円/1km
  • カレコ・・・追加なし

つまり、「タイムズカーシェア」と「カレコ」は6時間以内の予約で利用した場合は、どれだけ遠くに行ったとしても時間分の料金しか取られません。

「オリックスカーシェア」に関しては1㎞毎に15円取られてしまうので、遠出をすればするほど料金が高くなってしまいます。

しかしこの「距離料金」は、利用時間「6時間」というのが区切りとなっていて、「6時間」以上の利用となると全ての会社で「距離料金」が発生します。

距離料金(6時間を超えた場合)
  • タイムズカーシェア・・・16円/1km
  • オリックスカーシェア・・・15円/1km
  • カレコ・・・10円/1km〜17円/1km(車種によって変動あり)

お得なパックを比較

それぞれの会社には、「6時間パック」や「24時間パック」、そして「夜間のパック」なども用意されています。

パックを上手く利用すれば、割引なども適用されて安く車を借りることもできます。まず、「6時間パック」で比較してみましょう。

6時間パック
  • タイムズカーシェア・・・4,020円
  • オリックスカーシェア・・・3,500円〜4,000円
  • カレコ・・・3,800円〜
では、「24時間パック」で比較してみましょう。
24時間パック
  • タイムズカーシェア・・・8,230円
  • オリックスカーシェア・・・6,000円〜8,000円
  • カレコ・・・6,800〜
「カレコ」は、1番小さいコンパクトカーでの算出となっているので、大きな車を利用するともう少し料金が高くなります。比較して分かるのは、料金表で見るとそこまで金額が違うというわけではありません。

利用する車種やどのくらいの距離を運転するかによって料金が変わってくるので、「車種」と「距離」を考えて利用する会社を選択すると良いでしょう。

3社の特徴

上記で述べた内容から、ポイントを抑えて紹介しましょう・

タイムズカーシェア

初期費用は1,550円かかり、月額は1,030円となります。6時間以内では「距離料金」がかからないので、パックを上手く使えば安く利用することができます。

初期費用が無料になるキャンペーンなど頻繁に開催されているので、お得なキャンペーンが開催されていないか公式サイトで確認するとよいでしょう。

オリックスカーシェア

初期費用は1,000円かかり、月額は980円となります。月額無料のプランもあるので、利用しない月がよくあるという人は「オリックスカーシェア」だと良いかもしれません。

カード発行費用が無料やポイント付与などのキャンペーンを頻繁に開催されているので、お得なキャンペーンが開催されていないか公式サイトで確認するとよいでしょう。

カレコ

初期費用は1,500円かかり、月額は980円となり3社の中では1番安いサービスとなります。6時間以内では「距離料金」がかからず、料金も10分単位となるので時間を細かく刻んで利用することができます。

「カレコ」では、数ヶ月無料キャンペーンなどを頻繁に開催されているので、お得なキャンペーンが開催されていないか公式サイトで確認するとよいでしょう。

さいごに

『カーシェアリング』では、利用する人が気持ちよく使えるよう奇麗に使うことがルールとなっています。新しいライフスタイルとして、これから『カーシェアリング』がさらに普及してくることは間違いないでしょう。

「カーシェア」大手3社を利用して比較!各々のメリット・デメリット