3〜4ヶ月検診はどんな内容?そして必要な物は?

我が子もすくすくと育ち、転がりたい盛りの生後4ヶ月。

日中は、コロコロと寝返りをうっては奇声をあげるような声で泣くという無限ループで私たち夫婦は休む暇なし。

あれだけの大声で泣いていると、そのうち近所から通報されるんじゃないかと気になってしまいます。

そんな毎日を送っている中、3〜4ヶ月検診へ行ってきました

オリエンテーションの内容は?

我が子の検診に指定されたのは、「深川南部保健相談所」

ベビーカーの置き場に困ったらイヤだなと思って「抱っこ紐」で行くと、専用スペースにはベビーカーがずら〜り。

ん〜ん、ベビーカーで行けばよかった

ひとまず受付時間ギリギリに到着すると、すぐにオリエンテーションがスタート。

主な内容は、「離乳力」や「歯磨き」などについて。

最近は勉強熱心なママさんたちが多いからか、みなさん「もう分かってますけど…」という空気が若干漂っていました。

しかも赤ちゃんたちが次々にグズリ始めたり、部屋の後ろにある「キッズスペース」では小さい子供がおもちゃで騒いでいるので、正直あんまり説明が耳に入ってこなかったですね。

そんなオリエンテーションが15分ほどあり、受付を済ませた順に「検診」が始まりました。

検診の内容は?そして、かかった時間は?

受付ギリギリに到着したものの、貰っていた番号は20番台前半。

結論から先に言うと、オリエンテーションが始まってから約2時間で全てが終了しました

まずは届いていたアンケートに関して個々に話をした後、子供の検診をするという流れ。

20番台でも、最初の相談まではすんなり終りました。

ただし、そこからがちょっと待つことに。

というのも、「身体測定」自体はすぐに終るのですが、その後に先生1人で丁寧に「首のすわり具合」や「股関節」を検査するので、思ったより時間がかかったような気がします。

そのため、みなさん待っている間に廊下で「授乳」タイムが始まっていました。

あっ、「授乳室」は一応あります

必要な持ち物は?

毎回こういう時って、何を持っていく必要があるのか気になるんですよね。

最低限必要だったのは、「バスタオル」「おむつ」「ビニール袋」

「バスタオル」は、「おむつ替え」や「身体測定」に必要。

「おむつ」は、体重測定の直前に変えるため。

そして、「おむつ」を捨てるために「ビニール袋」。

あと、授乳室の広さが十分ではなさそうなので、「授乳ケープ」を持っていくと人によっては安心かもしれません。

まとめ

想像していたよりは混んでいなかったので、すんなり終ったほうなのかなとは思います。

廊下で待っているときも十分に座る場所があったので、ベビーカーで行く人は「抱っこ紐」は必要ないかもしれませんね。