オムツは何がオススメか?緑・紫パンパースとムーニーを使い比べて感じたこと

子供が生まれて多くの人は「おむつ」をどうするか悩むと思いますが、我が家では相変わらず「おむつ難民」となっています

あと少しで生後2ヶ月となる我が子には、これまで「緑パンパース」「紫パンパース」「ムーニー」を使ってきました

価格的なことを言うと、「紫パンパース」はハイグレードなだけあって少し高く、その他は同じくらいとなっています。

実際にこれまで使ってきて思ったことは、それぞれ良い点と微妙な点があり、長所を活かしながら時間帯に合わせて使うようにしています

緑パンパースと紫パンパースの違い

「緑パンパース」と「紫パンパース」の違いは、質と値段

「緑」は従来からあるタイプの紙おむつで、「おしっこ」はサッと吸収してくれて、「うんち」はおしりにベトッと付いてしまう感じ。


値段をチェック

「紫」は、値段が高いだけあって「紙おむつ」というより「布おむつ」のような感触

吸収する生地とおしりの間にメッシュがくるようになっているので、「うんち」などは直接付かないようになっています


値段をチェック

大きさは他のメーカーと比べると少し小さめ、というか足が通る部分が少し細め。

ただ、「緑」と「紫」だけで比べると、同じサイズでも若干「緑」の方が大きいと思います

パンパースとムーニーの違い

おむつ

「緑パンパース」と「ムーニー」は、内容としてはほぼ同じ。

ただ、「ムーニー」の方がゆったりとしているので、足の部分の生地が柔らかくゆったりとしています


値段をチェック

しかも背中の部分が伸縮するようになっているので、構造的にはパンパースよりは漏れにくいと言えるでしょう

しかし、パンパースでも背中から漏れたことが一度もなく、個人的には実証出来てはいません。

そしてもう1つの違いは、テープの部分。

パンパースの方が強力で、「おむつ替え」の時などに子供の足に引っ付いてしまうこともあります

剥がしにくいと言う人もいると思いますが、個人的にはしっかりとテープを留められるのでパンパースの方が好きです。

差が出るのは「うんち」の時

おむつ

「おしっこ」の時はどの「おむつ」でも変わりませんが、「うんち」の時だけハッキリと違いがでます

それは、「紫パンパース」だけは「おしり」に「うんち」がほとんど付かないということ

「うんち」が直接「おしり」に付かないような構造になっているので、「おしり」を拭くのが断然ラクです。

まだ母乳を飲む量が少ないこともあり、背中から漏れるほどの量の「うんち」をしていないのかもしれません。

逆を言えば、2ヶ月あたりまではどのメーカーの「おむつ」を使っていても、正しく付けてあげれば漏れないのかなとも思います

それぞれ使って気づいた点

デメリットというわけではありませんが、気になった点がいくつかあります

緑パンパース

「おむつ」を手にした時、ぱっと見で前後が分かりづらい

紫パンパース

「うんち」をした時、乾燥するが故にメッシュがピタッとくっついてしまう

ムーニー

立て抱っこしている時、足のギャザーが緩いので漏れが気になる

時間帯によって使い分け

それぞれの特徴を活かし、時間帯などを考えて使い分けをするようにしました

「紫パンパース」は高いので、おむつ代を少しでも抑えたいという狙いもあると言えばあります。

まず、我が子は夜は長時間ねるタイプで、あまり「うんち」も「おしっこ」もしないので「紫パンパース」にしています

というのは、メッシュの特徴を活かし、長時間替えない状況でも不快にならないようにという考えで。

そして、日中は「緑パンパース」

お昼時は「おしっこ」の回数が多いので、サインが出る度にすぐ替えます。

夕方になると「うんち」をする傾向が我が子にはあるので、「ムーニー」という感じにしています


まとめ

テープの「おむつ」はこのまま落ち着きそうではありますが、パンツタイプに替えるときもまた悩みそうです。