おむつを替えるベストなタイミングは?観察して読めてきたパターンと対策

我が子が生まれてから、1ヶ月弱。

授乳や沐浴には慣れてきたものの、相変わらずどんちゃん騒ぎとなる「おむつ替え」

毎日けっこうな回数をこなすので手際よくなってきますが、悩みどころは「タイミング」なんですよね

「おむつ替え」の最中はもちろん、替えた直後に「おしっこ」や「うんち」をされるのは当たり前。

生まれた直後は量が少ないため問題はなかったのですが、成長するにしたがって「うんち」の量が増え「漏れ」が気になるようにもなってきます。

なんにせよ、どの「タイミング」で替えれば良いのかとても悩ましいところです

「おしっこ」や「うんち」のパターン

「おむつ替え」を毎日していると、少しずつパターンが読めるようになってきました。

何事も、観察は重要ですね

起きたて

基本的に寝てミルクを飲んでを繰り返していますが、特に少し長めに寝ていた後の起床時は「おしっこ」に注意

寝ていたときにも用を足しているので「おむつ」を替えますが、起きがけは替えている最中に「おしっこ」される確率が高い傾向が。

起き始めてからしばらく様子を見て、それから替えると「おしっこ」事故を防げています

授乳後

お腹がいっぱいになった後、よく飛ぶ「うんち」に注意。

新生児のお腹の中は、「ところてん」状態なんですかね?

授乳が終ってから5分〜10分後に、「ブリブリ」っとなる傾向が

「うんち」と言ってもほとんど水分なので、勢いよく飛んで自分にも飛散する時がありますね。

そのため、授乳が終ってしばらく様子を見てから「おむつ替え」をします。

沐浴時

「沐浴」をしている時、「うんち」も「おしっこ」にも注意。

やっぱり、暖かいお湯に使っていると気持ちよくなってしまうんですかね

我が子は、体を洗ってバスタオルで水気をとった直後に「おしっこ」をされる傾向が。

これは、ぶっちゃけ諦めてます。

でも、出来るだけ早く下半身だけを拭いて、サッと「おむつ」をあてがっておきます。

おむつ替え事故の対策

おむつ替え事故の対策
ある程度のパターンが読めてきたら、それら以外の時に「おむつ替え」をしたいもの。

でも、生理的な現象なので予想外なこともあったりします。

一番避けたいのは、「おしっこ」で敷き布団を汚してしまったり、「うんち」が飛び散ってしまうこと

それらの対策として、「防水シート」を利用しています

そもそも最近の「おむつ」は性能が良いので、あまり「漏れ」を心配する必要はないようです。

そのため、普段は敷き布団に「防水シート」を使わず、「おむつ替え」の時だけ敷いて利用しています

そうしておくことで、何かあった時は「防水シート」が汚れるだけで済んでいます。

ベビー布団のセットを購入すると「防水シート」が付いてくるのでそのまま使っていますが、出先などでも使える「おむつ替えシート
」も普段使いに便利です

まとめ

「おむつ替え」にはタイミングが重要だと思いますが、「おしり」がかぶれたりしないように頻繁に替えたいもの。

世のママさんパパさん、「おむつ替え」バトルを頑張っていきましょう。