我が子がディズニーランドデビューして、初めて気づいたこと

色々とキャラクターを覚えるようになった我が子は、特に「ディズニー」が大好き。

私たち夫婦が気づかないような遠くにあるポスターなどもすぐに見つけ、「ミッキーだ!!!」と嬉しそうに叫びます。

「そろそろ時期かな!?」と思い、ディズニーランドデビューさせてみました。

なかなか忙しいことに気づく

我が子はまだ2歳と数ヶ月なので、「ビックサンダー」などコースター系はまだダメ。

なので「ショー」などがメインとなるのですが、大人だけならまったりするような乗り物系に乗るとなかなか忙しいことに気づきました。

特に忙しかったのは、最近リニューアルした「イッツ・ア・スモールワールド」

disney

「なんで?」って感じだと思いますが、船が動き始めると左右に色んな国の人たちとディズニーのキャラクターがひっきりなしに登場するんですよね。

「あそこに象さん!」「ほら、あそこにスティッチ!」「あそこに観覧車!」、みたいな感じで。

いやー、忙しかった!笑

因みに、「ジャングルクルーズ」もなかなか忙しかったです。

思ったより中が暗い乗り物が多い

我が子にはほぼ同い年のイトコがいて、今回は一緒に行きました。

我が子と同じくディズニーランドデビューでもあったのですが、最近は暗い場所を怖がるということだったので、明らかに中が暗い「カリブの海賊」や「ホーンテッドマンション」はやめておこうと前日に話を。

ただ、この考えが甘かった!

disney

「イッツ・ア・スモールワールド」みたいに明るいアトラクションは稀で、プーさんの「ハニーハント」や「モンスターズ・インク」なども思っていたより暗い場所が…

さらに、外を走っている「ウエスタンリバー鉄道」も最後にトンネルの中へ入って真っ暗な中を走んですよね。

あまり暗くなるイメージのないアトラクションたちも意外と真っ暗になったりすることを初めて知り、子供がいないと気づかない部分がたくさんあるなーと改めて感じましたね。

さいごに

何はともあれ思ったより楽しめたのですが、子連れだと「ディズニーシー」の方が幾分か楽しいかもーとも思いましたね。