住民税などもクレカ払いは可能!?持っていると便利な「nanaco」

電気や水道の料金を払う場合、「現金」で支払うより「クレジットカード」の方がポイントなどが付いてお得になるのは常識ですよね。

自分にあったカードを利用して、「ポイント」なり「マイル」などをコツコツと貯めていると思います。

しかし、全ての「公共料金」を普通にクレジットカードで支払えるわけではありません。

例えば、「住民税」

「口座振替」を選択している人が多いと思いますが、それなりの金額なので「ポイント」などを付けられたら嬉しいですよね。

実は、一部の自治体ではクレジットカード払いに対応している場合もあります

もくじ

Yahoo! 公金支払いを利用

yahoo! 公金支払い

「Yahoo! 公金支払い」では、一部の自治体で「住民税」や「自動車税」などをクレカ払いすることが可能です。

「おっ!?便利じゃないか!」と言いたくなりますが、飛びつくのは禁物

利用する前に、いくつかの注意が必要です。まず、1つ目は「手数料」

「自治体」や「金額」によって変わりますが、「Yahoo! 公金支払い」を利用するには1件あたりの「手数料」を払う必要があります。

そのため、クレカ払いすることで貯まる「ポイント」と比べ、「手数料」の方が上回る場合には結果的に「損」をしてしまうこともあります。

そして、2つ目は「支払い回数」です。各公共料金によって支払いできる方法や回数が異なるので、事前に確認をしておく必要があります。

そして、3つ目は「領収証」が発行されないということ。「領収証」が欲しい人は、従来の方法で支払い手続きを行う必要があります。

セブンイレブンで公共料金を支払い

セブンイレブンで「公共料金」を支払うと、レジ画面に「現金、nanacoのみ」と表示されるに気づいたことはないでしょうか。

そうです、実は「公共料金」をセブンイレブンでは「nanaco」でも支払うことができます

この「nanaco」は、イトーヨーカドーなど提携店での利用で「ポイント」がドンドン貯まるカード。

しかし「公共料金」の場合は、レジでの支払い時に「ポイント」がつきません。

「じゃあ、利用する意味がないじゃないか!」と言われそうですが、実は「ポイント」を貯めるのは「支払い時」ではありません。

「ポイント」を貯めるタイミングは、「チャージ」の時

セブンイレブンのレジや専用の機械にて「現金チャージ」できますが、「nanaco」の公式ページからクレジットカードで「チャージ」することができます。

つまり、「nanaco」の「ポイント」は貯められないのですが、普通にクレカ払いしたように「ポイント」や「マイル」を貯めることができます

「nanaco」を無料で発行し登録

nanaco

「nanaco」カードを発行するには、通常「300円」が必要となります。

しかし、イトーヨーカドーでは8が付く日に発行すると、1000円の入金を条件に無料で発行することができます

住んでいる地域のイトーヨーカドーで、8日・18日・28日に行って発行してきましょう。

発行し終わったら、「nanaco」公式ページからクレジットカードの登録をする必要があります。

登録が完了してから、クレジットカードでチャージができるようになるまでは数日かかります。

初めて利用する場合には、日にちに余裕を持って登録した方が良いですね

チャージできるクレジットカードの種類

「nanaco」はクレジットカードでチャージできると説明したきたのですが、全てのカードに対応しているわけではありません。

利用できるカードは、こちら

すでに持っているカードが一覧にあれば、すぐに登録することができます。

しかし、カードをまだ持っていなかったりした場合、個人的にオススメするのは「楽天カード」

一覧に表記がないように見えますが、注目するところは「JCB」という部分

「楽天カード」を「JCB」で発行すると、「nanaco」でチャージするたびに「楽天スーパーポイント」が100円につき1ポイント貯めることができます。

すでに別のクレジットカードを持っていたとしても、「ポイント」還元率が良い「楽天カード」にするのもありだと思います。

私自身も、「nanaco」へのチャージ用に「楽天カード」を「JCB」で発行しました

チャージをする時の注意

「現金」でチャージをする時には、1000円から1000円単位で入金することができます。1回のチャージ金額上限は、49000円。

1ヶ月間の上限についての記載は特にないので、チャージ限度額を越えない限りは回数制限なく手続きすることができます。

しかし、クレジットカードでのチャージには色々と制限があります

1000円単位でチャージできることは変わらないのですが、5000円以上からとなっています。

そして、1回のチャージ金額の限度も29000円と「現金」と比べ少し低め。しかも、1日に手続きできる回数も「3回」と決まっています。

1ヶ月間での制限もあり、手続きできる回数は「15回」まで。金額も、「20万円」までとなっています。

「nanaco」を使って支払いをしたい場合、クレジットカードでのチャージには上記の制限があるので、計画的に手続きをしておく必要があります

まとめ

近くにイトーヨーカドーがなかったり、普段からセブンイレブンを利用しないという人にはあまり縁がない「nanaco」。

「公共料金」は、1年を通して考えるとかなり支払っているものです。それらを「ポイント」にすると、年間数千円から数万円分貯めることも不可能ではありません

クレジットカードや電子マネーを上手に利用して、還元できるものは最大限もらって得しちゃいましょう。