デジタル一眼ならEOS Kiss X7がオススメ!でもメモリカードには注意が必要かも

子供の成長をキレイな写真で残したいということもあり、「デジタル一眼」を購入

これまで「コンデジ」を愛用していましたが、やっぱり「一眼」の奇麗さには勝てないですね

そもそも、数十年前から「Nikon」の一眼レフを持っていたのですが、「デジタル」の波に乗ってしまい最近は全く使っていない状態。

フィルムの現像も面倒くさいし、撮った瞬間に画像を確認できる便利さに「コンデジ」か「スマホ」しか使っていませんでした。

しかも、従来の一眼レフは「重い」

三脚を使うならまだしも、気軽に写真を撮る感じではないですからね。

そこで、コスパが良くて、妻も使えるようなコンパクトな「デジタル一眼」を探しました

キャノン EOS Kiss X7

キャノン EOS Kiss X7

愛用していた「コンデジ」もキャノンだったこともありますが、「人気」と「持ちやすさ」で「EOS Kiss X7」に

まず最初に、「持ちやすさ」。

店頭で色々なカメラを握ってみたところ、「EOS Kiss X7」が一番しっくりきました。

というのも、私の手は男性としてはあまり大きい方ではないので、他のゴツいカメラと比べ非常に握りやすいと感じました

私はそうだったのですが、上位機種の「EOS Kiss X8i」などは女性には少し持ちにくいかもしれませんね。

そして、もうひとつは「人気」があるということ。

持っている人が多いので、付属品を購入するときにレビューを見れば「EOS Kiss X7」で使われているものがすぐに見つかります。

プロテクターや三脚

レンズを保護したり、ホコリなどを防ぐために付ける「プロテクター」。

「一眼」の場合はレンズが飛び出ているので、最低限の保護として購入しました。

「キャノン」は少し高かったので、「Kenko レンズフィルター MC プロテクター NEO 58mm レンズ保護用
」のプロテクターにしました。

キャノン EOS Kiss X7

純正じゃない商品を買う時って、失敗するんじゃないかとなぜかドキドキしちゃいますが。

アマゾンで購入し、問題なく装着できました。

そして、「三脚」。

「安物買いの銭失い」とならないようにしたいものの、なるべくコスパの良い物を買いたいもの。

一眼レフ用の三脚の場合は、ある程度の重みに耐えられるものを買う必要があるという口コミがチラホラ。

でも、「EOS Kiss X7」は軽いのであまり気にしないでも良い気がしました。

最終的に購入したのは、「Velbon
」の三脚。

キャノン EOS Kiss X7

本体自体も軽く、カバーが付いているので持ち運びが思ったよりラクです。

もちろん、「EOS Kiss X7」の重さも問題なく、しっかりと固定して撮影することが可能。

初めての三脚としては、十分な気がします。

メモリーカードで失敗

今やデータ保存には欠かせない存在となっている「メモリーカード」ですが、機器との相性が悪い場合も。

「EOS Kiss X7」との相性が悪い「SDカード」を立て続けに購入してしまい、「メモリーカード」選びの難しさを知らされました。

購入した「SDカード」は、もちろん読込み速度がハイクラスのもの。

しかし、相性が悪かった「SDカード」は「動画」を撮った後に問題発生しました。

写真を撮っている時には普通に保存できるものの、動画を撮って保存したあとから写真が撮れなくなるという症状が。

「デジタル一眼」ともなると画素数も大きくなるので、それなりの会社の商品を買わないといけない感じですね。

購入した中で問題なく使えたのは、「SanDisk Ultra SDHCカード
」。

別の SanDisk の SDカードを入れて動画を撮った後も写真が撮れたので、SanDisk 社製は相性が良いのかもしれません。

まとめ

商品にも個体差があるので相性が悪い場合もありますが、「SDカード」はまず「動画」を撮って確認した方が良いかもしれませんね。

なぜなら、大事な場面を撮りたいのに保存できなくなったら悲しいので。