哺乳瓶の殺菌は電子レンジで!?蒸し器にもなる便利なグッズ

哺乳瓶を殺菌する方法は、「煮沸」「電子レンジ」「消毒液」の3つ

「消毒液」と言っても、思い浮かぶのは「ミルトン」しかないですけどね。

実際、哺乳瓶を浸けておく「液」ってどうなんでしょう

「ミルトン」自体は昔からあるものだし、「殺菌」という面では安心できる商品。

でも「塩素臭い」と言っているのをチラホラ見かけるので、臭いが好きになれず「電子レンジ」に途中で変える人もいるようです。

そこで、我が家は最初から「電子レンジ」での殺菌方法を選んでみました。

電子レンジでの殺菌

「電子レンジ」で哺乳瓶を殺菌できる商品は、いくつか販売されています。

おそらく誰もが最初に目にするのは、コンビの「除菌じょ~ずα

5分レンチンするだけだし、一気に3本も哺乳瓶殺菌ができる。

ベビー用品で有名な「コンビ」が販売しているとあって、やっぱり人気がありますね。

特にこだわりもなかったので「コンビ除菌じょ〜ずα」を購入しようと思ったのですが、気になったのは使わなくなったその後

そこで出会ったのが、蝶プラ工業の「電子レンジ用スチーム殺菌容器

一見すると普通の「蒸し器」みたいですが、「哺乳瓶」がちょうど立てかけるような部品が付いています。

まあ結局のところ、哺乳瓶の殺菌に使わなくなったら「蒸し器」として使えるというわけです

電子レンジ用スチーム殺菌容器

電子レンジ用スチーム殺菌容器
「コンビ除菌じょ〜ずα」では哺乳瓶が3本入るようになっていますが、「電子レンジ用スチーム殺菌容器」は2本。

しかし、レンチンの時間は「電子レンジ用スチーム殺菌容器」だと3分半で済みます

我が家では「授乳」がメインとなっているので、「搾乳機」も利用しています。

使っているのは、ピジョンの「さく乳器
」。

「搾乳機」も一緒に殺菌しようと思うと、あと哺乳瓶1本でパンパンという感じです。

でも、問題なく殺菌容器として役に立ってます。

「殺菌」する作業としては、慣れてくるとレンチンするだけなのでラクですね

まとめ

「電子レンジ」での殺菌は面倒くさいと感じる人もいるでしょうから、自分の生活スタイルに合わせて「煮沸」や「消毒液」を試すと良いと思います。

実際に使わないなんてこともあるので、必要と思ってからサクッと通販で購入しちゃいましょう