honestbeeとは?コストコの商品を買い物代行してくれるサービス

次から次へと新しいサービスが出てくる昨今ですが、便利そうだと分かっていても中々手が出せなかったりする自分がいたりします。ただ、格安になったりするような「お得」なサービスは「やらなきゃ損」

ということで、キャンペーンを実施していなければ通常は割高になってしまうであろうサービスですが、期間限定で最大2000円割引になるということで買物代行コンシェルジュ「honestbee」を利用してみました

「honestbee」とは?

「honestbee」は、いわゆる宅配サービスなんですが、ウリとしては「買物代行コンシェルジュ」というサービスになっています。では、通常の「宅配サービス」と「買物代行コンシェルジュ」とは何が違うのか?

通常の「宅配サービス」の場合、もはや説明が不要とは思いますが、ネットで商品を注文すると購入した物が何食わぬ顔で自宅に届きます。

honestbee

でも、「買物代行コンシェルジュ」の場合は「コンシェルジュ」だけあって、注文した後に確認事項がある場合には「電話」してきます。要するに、商品の確保ができない場合などには代替案などを相談してくることがあります。

例えば、「青リンゴ」を「honestbee」で注文したとします。しかし、「コンシェルジュ」が店舗に確認したところ、本日は入荷していないことが発覚。そうなった場合、「コンシェルジュ」から「青リンゴがないようなので、赤いリンゴに変更しますか?」という代替案を持ち掛けてきます

「honestbee」では買い物をする「コンシェルジュ」配達を専門とする「デリバリー・ビー」からなり、「デリバリー・ビー」から「予定していた時刻より少々遅れます」といった連絡が入ることもあります。

コストコの商品を買い物代行できる!

「honestbee」では、近所のレストランから注文できる「料理」と食品などを注文できる「生鮮食料品」の2つのサービスを利用することができます。

まだ提携している店舗はほとんどないのですが、「生鮮食料品」の目玉といえば「コストコ」でしょう。通常ならば会員にならないと入れない「コストコ」であることと、量が多い商品だったりもするので宅配してくれるのは非常に助かります。

すでに終了していますが、全商品20%と送料無料、そして初回登録で貰える割引を利用してかなりお得に「コストコ」の商品を購入してみました。普段車で行っても購入を躊躇してしまうような大袋の「冷凍野菜」など、良い機会だと思って買ってみました。

「料理」は少しクセがあって、お店自体は表示されていても「休業中」と非アクティブになったままになっていることが多く、我が家の地域では「ファーストキッチン」しか注文できないような状態がほとんどです。
honstbee

お店毎に表示されていますが、注文してから届けてもらうのに約45〜90分。何度か注文した感覚では、予定より少し遅れて自宅に届きます。

キャンペーンを利用しなきゃ損!

割引などの特典を受けられるので利用しましたが、通常なら少し割高になってしまう「honestbee」。もうしばらくすると割引のキャンペーンなどが終了してしまうと思いますが、サイトをたまにチェックしているとお得なキャンペーンを開催するかもしれません。

そもそも、お友達キャンペーンみたいなのを開催しているので、初めての場合は2000円オフ、紹介できたら1000円オフのクーポンも貰えます。

すでに「コストコ」の全商品20%オフも終ってしまいましたが、もしかしたら今後も同じようなお得なキャンペーンを実施するかもしれませんね。

また、コードを入力すると「料理」が2000円オフになるキャンペーンもやっています。もうしばらくすると終了するかもしれませんが、実は「生鮮食料品」のトップページを見ないと気づきません。なんと不親切。笑
honestbee

「honestbee」を利用する時は、サイトの隅々まで確認しないとお得なキャンペーンに気づかないかもしれません

「honestbee」の登録方法

「honestbee」に登録する方法は、至って簡単。最初に「名前」「メールアドレス」「パスワード」を入力。そして、次に「携帯番号」を入力します。

すると、認証用の番号6桁が書かれたメールが送信されてくるので、商品画面で数字を入力すれば登録完了となります。

honestbee

「honestbee」はシンガポール発のサービスということもあり、「携帯の番号」を入力する時には「日本の国番号」である「+81」を選択。そして、最初の「0」を抜いた番号を入力すれば大丈夫です。

注文する時には「クレカ情報」が必要となりますが、初めての注文時に情報を入力することになります。因に、海外のサービスということで「JCB」ブランドを利用できないのでご注意を

さいごに

品物を受け取るとき、「ハンコ」ではなく配達員さんが持っているスマホに「サイン」するあたりが海外のサービスっぽいなと感じるところではあります

まだ開始したばかりのサービスということもあり、おそらく人手が足りていないんだろうなという感じは否めない感じですね。また、まだ利用できる店舗も少ないですし。

また都心などの密集している地域でしか活用できないようなサービスだと思うので、これからどのようにサービス展開していくのかが気になるところです。