「WAON」のポイントカードを無料で発行する方法とお得情報!

ポイントカードといえば、『Tカード』や『Pontaカード』を持っている人は多いのではないでしょうか。これらの魅力といえば、やはり提携するお店でポイントを貯めて、そしてポイントを使用できるというところでしょう。

数あるポイントカードの中でも、最近ちゃくちゃくと提携店が増えてきている『WAON』。イオン系列を中心に利用できるカードですが、ドラッグストアや家電量販店でも使えて便利なポイントカード。

様々なお店でポイントを貯めて利用できるとあれば、『WAONカード』を発行しようと思いますよね。しかし、ただ発行するだけではモッタイナイ。

実は、『WAON』のクレジット機能なしのポイントカードを発行しようとすると300円必要となります。

ポイントは、200円毎に1ポイント付与されるので、単純計算でも60,000円分購入してやっとチャラにできる金額になります。

では、無料で発行できる方法はないのか?

実は、あります。

イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型)は、クレジット機能が付いているカードになります。クレジットカードと聞いて考えてしまう人も多いと思いますが、このカードはとてもお得なポイントカードになるので発行する価値ありです。

【オススメポイント】その1、『無料』

なんといっても、発行手数料は『無料』。そして、もちろん『永年無料』となります。

そのため、クレジット機能がないポイントカードを発行すると300円かかるので、イオンカード(WAON一体型)を発行したほうが断然お得になります。

【オススメポイント】その2、『チャージ不要』

クレジット機能がないポイントカードの場合、度々カードに入金する必要があります。

ただしイオンカード(WAON一体型)の場合は自動入金なので、わざわざ入金する手間が省けます。

【オススメポイント】その3、『ポイント2倍』

クレジット機能を利用して商品を購入すると、WAON ポイントとは別に「トキメキポイント」が更に付きます。

このポイントはそのままWAONポイントとして利用できるので、イオンカード(WAON一体型)で購入すれば2倍のポイントがもらえることになります。

【オススメポイント】その4、『割引特典』

イオンカード(WAON一体型)であれば、毎月20日と30日は全国の「イオン」や「マックスバリュー」などで5%オフで商品を購入することができます。

また、『感謝デー』以外でも『ポイント2倍デー』の日などもあるので、割引やポイント加算のサービスを多く受けることができます。

イオンカード(WAON一体型)
↓お申し込みは、こちら↓

お申し込み

さらにお得な情報

ここまで『WAON』のクレジット機能なしのポイントカードを発行するのであれば、クレジット機能がある『イオンカード(WAON一体型)』の方が発行手数料の面でも利用面でもお得であるということを紹介してきました。

ここからは、さらにお得に『イオンカード(WAON一体型)』を発行する方法を紹介したいと思います。

A8.netのセルフバックを利用

ブログをしている人なら知らない人はいない、国内最大級のアフィリエイトサービス「A8.net」があります。

このサービスを利用すると、イオンカード(WAON一体型)を発行が無料になるどころか、報酬まで受け取れてしまいます。

「アフィリエイト」が何か分からない人のために簡単に説明しますと、自分が書いているブログやサイトに「広告」をのせて、その広告から商品などを購入してもらえるとブログを書いている人に紹介料としてお金が支払われるサービスになります。

このサービスでは、自分のブログに貼った「広告」から商品を購入してもらえたらお金をもらえるのですが、商品によっては自分で購入してもお金がもらえるモノもあります。

実は、『イオンカード(WAON一体型)』もその商品のひとつ

なので、クレジットカードを発行しつつ報酬も受け取ることができてしまうのです。

何か裏があるのではと考える人もいると思いますが、自分で購入してお金も受け取ることができる『セルフバック』というサービスは他のアフィリエイトサービスでも昔からあり多くの人が利用しています。

そのため、自分のブログで商品を紹介しながら自分でも欲しい商品があれば、『セルフバック』を利用してお得に商品をゲットできるわけです。

このアフィリエイトサービス「A8.net」は、もちろん登録は『無料』。ブログなどを今までやったことがない人でも、気軽に始められるサービスも備わっています。

「A8.net」
↓無料登録は、こちら↓

A8.netのセルフバック

まとめ

「A8.net」では、ブログやセルフバックについて優しく説明されています。もしブログなど難しくてよく分からないという人は、300円払ってポイントカードを発行するのではなく、『イオンカード(WAON一体型)』を発行してみてください。