予約が1年待ち!?魅力的な山田工業所×釜浅の「鉄フライパン」

料理をするようになると、より美味しいご飯を作ってみたいという『欲求』がふつふつと湧き上がってくるんですよね。ただ、いくら良い「食材」を使ったとしても、薄っぺらなフライパンでは限界が、、、

しかも、巷で売られているフライパンといえば、ほとんどが「テフロン加工」のもの

実は、「テフロン加工」のフライパンを空焚きすると有毒ガスが出てしまうので、うっかり空焚きをしてしまったら急いで換気をする必要があります。

しかも、発がん性物質が含まれていることに加え、免疫力低下や中性脂肪値の上昇などの関連も報告されているのだそうです。地味〜に怖いですよね。

テフロンは「便利」、しかし

「テフロン加工」されたフライパンで1番の利点は、やはり「こびりつかない」ということ。少量の油で調理でき、サッと洗うだけでよいので手入れもめっちゃ簡単。

しかも大量生産されている「テフロン加工のフライパン」は、安価で軽いものが多い。そのため、重い鉄のフライパンで毎日料理することを考えたら、少しでも軽いほうを選んでしまいます。

しかし、「テフロン加工」も早いと半年でコーティングが剥がれ始め、こびりついてくることも。1年に1回買い替えていると、長い目で考えて「フライパン」を買うお金がかさむことにもなります

「テフロン加工」も高温での使用や空焚きをせず、こま目に替えていれば問題はないかもしれませんが、少なからず影響があると言われると使うことを躊躇してしまうのも事実。

そこで、ここ数年で話題となっている「鉄」のフライパンを購入してみるべく、色々な「鉄フライパン」を調べてみました。

鉄のフライパン

「鉄フライパン」と聞くと、「重そう」とか「扱いが面倒くさそう」という言葉が聞こえてきそうですが、全くその通り。実際にテフロン加工のフライパンと比べると、重いし「手間」はかかかります

しかも購入した直後の調理では、テフロンのフライパンと比べると少し「こびりつく」のも事実。でも、なぜ最近「鉄フライパン」の人気があるのか?

それは、厚みのある鉄のフライパンで作る料理は「マジで美味しい」からです

これまでと同じ食材で同じように作っても、家族で目を見合わせるほど美味しくなります。これは、「鉄の調理器具」で作ったことがある人にしか解らないと思います。

ここ数年で「スキレット」も人気があるので「鉄」での美味しさを実感している人はいると思いますが、興味があるけどまだ踏み込めないという人には「スキレット」から始めると良いかもしれません。

「美味しさ」もそうですが、「鉄フライパン」のもう1つの魅力は「長く使える」ということ。「テフロン」が剥がれることがないので、上手に使えば死ぬまで使うことができます。

また、長く使っていると「テフロン加工」のように、こびりつかなくなります。しかも、洗うときも慣れてしまえば簡単。「たわし」を使ってゴシゴシこすり、水で流すだけ。

洗剤で洗うことをしないので、「油」がほどよく「鉄」に馴染み、それが長い間使っていると「テフロン」のように「こびりつかない」フライパンとなっていきます

調べた結果

ネット上で様々な「鉄フライパン」が売られていますが、ここは実物を見てみたいと思い調理器具で有名な「合羽橋」へ行って色々と触ったり店員さんに聞いてきました

やはり最初に気になったのは、ネット上では人気が高い「リバーライト」のフライパン。何が人気の理由かというと、「鉄フライパン」の問題としてあげられる「錆」を抑える加工を施してあるということ。

リバーライド

「鉄フライパン」として美味しい料理を作ることができて、しかも柄の部分も「木」なのでお洒落なイメージもあります。

そして次に気になったのが、ドイツ製の「turk」。料理する人にとっては、持ってみたいフライパンの1つではありますが、なにせ金額が高い。

turk

「鉄」をただ打ちましたという見た目はカッコいいのですが、高すぎるので何年後かにまた興味が出たら買おうかと思います。でも、本当にカッコいい。

さらに調べて目をつけたのが、「山田工業所」の「鉄フライパン」

打ち付けの調理器具として有名だそうで、横浜中華街で使われている「中華鍋」の8割が「山田工業所」なんだそうです

山田工業所

こちらも「鉄」をただ打ちました感が出ているフライパンなのですが、聞くところによると「鍋」と「柄」の部分を繋ぎ止めているビスの様なところが錆びることがあるようです。これは、どの鉄調理器具でもなるそうです。

そこで、さらに行き着いたところが「山田工業所」の「鉄フライパン」をオリジナルで販売している「釜浅商店」さん。

「釜浅商店」オリジナル「鉄フライパン」

釜浅商店
http://www.kama-asa.co.jp/

「釜浅商店」は「合羽橋」の中心くらいに店舗がある有名な料理道具屋さん。「包丁」を多く販売している店舗と、「鍋」などを多く販売している店舗が道を挟んで隣にあります。

平日でも人が多く訪れるお店で、土日はゆっくり見る事ができないほど店内は賑わっています。調理器具の種類が多いわけではないのですが、こだわった器具だけが置いてあるのでどれも魅力的です

その中でも人気なのが、「鉄」のフライパン。何がオリジナルかというと、「柄」の部分が通常の「山田工業所」から販売されている「鉄フライパン」と違います

「鍋」と「柄」を繋ぐビスの様なものがないため、つなぎ目の錆を心配する必要がありません。さらに、女性でも持ち易いように「柄」が少し細く平らになっています。

ただ、26cmより小さいフライパンがこの仕様となっているので、30cmからは通常の「鉄フライパン」と同じ「柄」になっています。

持ってみると解りますが、「柄」がハーフパイプのようになっているので持ちづらかったです。そもそも、30cmともなると正直男性としても重かったです。2〜3人分の料理となれば、26cmで十分だと説明を受けました。

そして、通常の「フライパン」だと「柄」の部分が邪魔になって、フタをすることが容易ではありません。しかし、オリジナルだとその部分も解消しています。

人気の商品なので品薄なのは分かっていたので、ひとまず予約することにしました。しかし、予想以上の「待ち」にビックリしました。

今現在、「釜浅商店」で販売されている山田工業所の「鉄フライパン」は、なんと1年待ち!

ひとまず予約したので、使い心地などは来年レビューしたいと思います。しかし、炒め物などをよく作るので、山田工業所の「中華鍋」を購入してきました。

釜浅商店中華鍋

平底になっているので、一般家庭のコンロにも普通に置けます。購入した大きさは30cmのもので、重さは約1.2kgという感じです。

「中華鍋」に関しては、何回か調理してみてからレビューしたいと思います。

まとめ

「鉄の調理器具」は、慣れてしまえば逆にラクな器具でもあります。何度も買い替える「テフロン」のフライパンより、長く使える物のほうがお金の節約にもなります。

そして、なにより「美味しい」

長く使うものだからこそ、本当に欲しい物を見つけたいですよね。

関東近辺に住んでいないと厳しいと思いますが、「合羽橋」には通常の「山田工業所」さんのフライパンも含め、たくさんの調理器具があるので、ぜひ手に取ってみてください。

女性でも調理し易く改良された「山田工業所×釜浅商店」の鉄打ち出しフライパン