男性が妊婦のこと知るために読むべき本『安心マタニティブック』

男性にとって、妊娠している時の気分や体調の変化などはハッキリ言って『未知の世界』です。

自分が妊娠しているわけではないので、子供がお腹の中で成長していることを感じることもできません。

実際に、男性は生まれてから自分の子供だという認識をもつのに時間がかかるという人は少なくないようです

昔なら親と一緒に暮らしていたり、近所に親戚がいて「妊娠中」について話を聞く場面が多かったわけですが、最近はそういう機会もだいぶ減りました。

その分ネットなどで様々な情報を得ることができますが、みなが専門的に分かりやすく紹介しているわけでもありません。

そんな中、初めて「妊娠・出産」を経験される女性に向けた本が「人気」となっていますが、むしろこの本は男性が読んだほうが良いかもしれません

はじめての妊娠・出産「安心マタニティブック」

『安心マタニティブック』は、アメリカではすでに100万部を突破している「The Pregnancy Journal」の日本版になります。

日本では、週単位や月単位で妊娠中のことや出産につい書かれている本は多く存在しますが、「日単位」で書かれている珍しい本になります。

本に書かれている日付とお腹の中にいる赤ちゃんの成長を照らし合わせて、今現在どのような状態にあるか知ることができます。

また、妊婦の体調や気づいたことを書き込めるようにメモの欄があるので、日記としても使うことができます。

妊婦やお腹の中の赤ちゃんについて事細かに書かれているので、女性がというより男性のほうが勉強になる本のひとつでしょう

2006年と少し情報が古い部分もありますが、基本的な部分は変わらないのでぜひ夫婦ともに読んでもらいたい本です。