妊婦じゃないのに気持ち悪くなることがある!?男性の「つわり」

「つわり」と聞いて、どのような印象を持っているでしょうか

多くの人は、女性が妊娠した時に「吐き気」を感じる症状と答えるでしょう。しかし、妊婦と一緒に男性も「つわり」と同じ症状になる人も少なくないようです

そもそも妊婦が経験する「つわり」とはどういうものか。妊婦の50%〜80%、そして初産の人がなり易いといわれている「つわり」ですが、明確な原因は解っていません。

ですが、妊娠に伴う内分泌や代謝の変化による症状ではないかと今のところ言われています。

「つわり」には、大きく4種類に分けることができます。

妊婦がなる「つわり」

吐きづわり

「つわり」の代表的な症状で、様々な匂いに敏感になり食事をあまり摂る気分ではなくなります。普段なら大好きな食べ物でも、妊娠中は受け付けられなくなることも少なくないようです。

食べづわり

口に何かを入れていないと気持ち悪くなる症状をいいます。食べている時だけは気持ち悪くないので、1回の食事の量を減らしてこま目に摂ると良いと言われています。

食べ過ぎに気をつける必要があるので、飴やガムなどを代用する人が多いです。人によっては、「吐きづわり」と「食べづわり」を両方抱えてしまう場合もあります。

よだれづわり

妊娠中は唾液の分泌量が増えるうえに、自分の唾液で気持ち悪くなる人もいます。気持ち悪くなるだけでなく、そのまま吐いてしまうほど自分の唾液に耐えられない場合もあります。

そんな人は、近くに唾液を吐く用のペットボトルを用意したり、飴やガムで紛らわす方法しかないようです。

眠りづわり

1日中眠気に襲われる症状です。妊娠中は、眠りも浅くなるうえに体力も想像以上に使っていることでしょう。常に眠い状態なので、作業などをする時には気をつける必要があります。

男性がなる「つわり」

妊婦がなる「つわり」の症状は、早い人で5週目から始まり、ピークは8週目から11週目辺りと言われています。

これらの症状も人によっては軽いひともいれば、動けないほどになる人もいます。

そんな時、周りの家族がどのくらいサポートできるか、そして男性がどれくらい理解してあげられるかが重要となってきます

上記であげた「つわり」ですが、実は男性もこの時期に気持ちが悪くなる人がいます。人によっては、陣痛まで感じ取ってしまう男性もいるのだとか

男性の「つわり」は、主に精神的なものと言われています。これから「子供」を授かるうえでのプレッシャーや未来の不安が、「つわり」にも似た症状を起こすのだそうです

大半の人は、奥さんの「つわり」が治まったり出産後に症状がなくなるのだそうです。

この症状も明確な原因は解っていませんが、奥さんが「つわり」で苦しんでいる時に旦那さんも一緒に気持ち分かち合えるというメリットはあるようです。

しかし、「あなたが妊娠しているわけじゃないのに、なに気持ち悪くなっているの?」と機嫌を悪くする女性がいるという笑い話もあるので、食べ物や匂いに気をつけて上手に「つわり」と付き合っていきましょう。