爪がなぜか割れてる!?原因は2ヶ月前になった手足口病だった

足の爪を切ろうと思い自分の足を見ると、なぜか爪が割れた状態に。爪が割れるようなことをした覚えもなく、ひとまずネット検索してみると「乾燥」だの「栄養不足」ということががズラリ。

爪の割れ方が「縦」か「横」によって対処法が違うようですが、私の場合は「横」のようでなんとなく違う感じ。なんとなく剥がれてきているようにも見えます。

ただ、パートナーの一言で「それだ!」と思わず叫んでしまいました

原因は2ヶ月前のこと

どう考えても、最近爪が割れるようなことをした覚えがない。爪が割れるほどの衝撃でモノを落としたのなら、絶対に覚えているはず。というか、覚えていないとヤバい。笑

歩く時にボケーッと歩くクセもありよくモノの角に足をぶつけることもありますが、足の3本指の爪が割れるような衝撃だったらコレも覚えているはず。

あれこれ考えていても思い当たる節がなく、パートナーに聞いてみるとある一言が。

「それって、例の手足口病のやつじゃない?」

人間て、病気が治ると忘れちゃうんですかね。確かにちょうど2ヶ月前「手足口病」にかかった時、「2ヶ月後になぜか爪が剥がれる」という記事を読んだことをすっかり忘れていました。

そして「手足口病」「爪」とネットで検索してみると、ビンゴ!私の今の爪と同じような画像がいっぱい出てきました。

nail

爪が剥がれたときの対処法

「手足口病」が原因で爪が剥がれるときは、痛みがないそうです。確かに痛くも痒くもありませんし、そもそも気づいてもいませんでした

爪が剥がれる原因としては、「手足口病」の症状を起こすウイルスが爪を作る細胞にダメージを負わせ、数週間から2ヶ月とするとダメージを受けた爪が延びてきて剥がれたり割れたりするようです。

nail

基本的には自然にしておく他ないので、放っておくことになります。ただ、爪が引っかかったりするようにもなるので、それなりの対処も必要となります。

最低限の対処法
  • 絆創膏などで保護
  • 皮膚がむき出しになったら保湿

爪が剥がれないように保護する必要があるので、絆創膏を貼ったり、なるべく靴下を履いておくのが良いかもしれないですね。そして、剥がれたら保湿もして傷がつかないようにするのも大切だと思います。

さいごに

「手足口病」になったとき、右足はほとんど症状がなかったんですが左だけは全体がブツブツになって大変だったんですよね。だからなのか、やっぱり爪も左指だけが割れてしまっています。

いやー、なんなんでしょうね「手足口病」って。来年の夏はならない事を祈るばかりです