保育園に通うって大変!?通い始めて分かった「必要な準備」や「洗礼」

これまで「保育園」について何も触れてこなかったのですが、実は我が子は今年の4月から「保育園」でお世話になっています。

最初は「子供が保育園に慣れるようになるまで大変だろうなー」と思っていましたが、むしろ慣れるのが大変なのは大人の方。様々な「洗礼」もありましたが、暑さ真っ盛りの「夏」になってようやくリズムが出てきました。

保育園には「服」がたくさん必要

「子供ってすぐに大きくなるので、あまり服を買っても仕方がないよねー」と思っていましたが、「保育園」に通い始めたら服が足りないのなんの

まず、3〜5セット程の「予備の服」を保育園にストックが必要。そして、朝着ていく服と昼寝に着替える服の2セットは毎日必要になります。

cloths

「保育園」によってフード付きの服は禁止などのルールがあるので、通う以前に購入していた服が着ていけないなんてこともあります。

我が家では通うことを想定して以前から服を購入していましたが、大人と違って去年の服があるわけではないので季節毎に服を調達してくる必要もあります。

園のルールに沿った服となると、だいたいシャツとパンツという組み合わせ。かっこ良かったり可愛かったりする服は「休みの日」にしか着れないので、子供用に購入したタンスがこの数ヶ月でパンパンになってしまいました。

最初の数ヶ月は「送り迎え」にバタバタ

子供を「保育園」に慣らすために、最初の数週間から1ヶ月半くらいまでは短時間の「慣らし保育」となります。最初の週は2時間だけとか、慣れてきたらお昼までと段階的に時間を長くしてきます。

最初の週は2時間とは言え実質的には1時間半くらいだったので、近所のファミレスでお茶したりしていました。この時は、まだマシでした。

むしろ、お昼頃くらいまでになった方が大変。どこかで時間を潰すには時間が長いし、かといって家に帰ってしばらくするともう迎えに行く時間になり毎日がなんかバタバタしていました。

子供自体は1〜2週間で「保育園」には慣れていましたが、朝家を出る直前に「う○ち」が出たりするのでリズムができるまでは予定通りになることはなかったですね。

今では、基本的に朝ご飯を食べてから「う○ち」も出してくれるようになったので、朝の子供向け番組を見せてから落ち着いて出れるようになりました。

毎日の「連絡帳」に書く事があまりない

「保育園」へ行く前には、親が子供の体調などを書いて保育士さんに渡す「連絡帳」があります。「自宅」と「園」の様子を双方が知ることができるので、とても重要なシステムです。

note

ただ、段々リズムができてくると書くことがなくて、朝になって何を書こうか悩みます。機嫌が悪いや風邪ひいたなど通常と違う症状があれば書けますが、いつもの様に元気で何事もなく過ごしていたら書く事がなくなってくるんですよね。

でも、毎日「保育士さん」がびっしり園での様子を書いてくれるので、なるべく自宅の様子や変わったことを絞り出して書くようにしています。

今となってはですが、西原さんの「毎日母さん」が連絡帳に漫画を書くようになったのも分かる気がします。

人に触れる機会が多いからこその「洗礼」

「保育園」に通うということは、色んな子と触れる機会が増えるということ。となると、様々な病気をもらってきます。

明らかに鼻水がよく出るようになり、耳鼻科にも頻繁に通うようになりました。でも、風邪くらいならまだマシかもしれません。先日、流行った「手足口病」にもなりました。

そして、私もしっかり「手足口病」になりました。これは、仕方がないですよね。

体温が高いと「自宅保育」となる

「保育園」では「体温」を体調管理の目安としていて、ある一定の体温を越えると「自宅保育」、つまり「保育園」で預かってもらえません。

朝行ってから、最初に「体温」を計ります。その時点で熱が少しあった場合は、自宅へ連れて帰る必要があります。また、日中に熱が上がった場合も迎えに行くことになっています。

子供によっては平熱が高いこともあるので、そういう子の場合は大変ですね。

まとめ

親子共に、やっと「保育園」に慣れてきた感じがしています。少しブログをサボっていましたが、これからはちょくちょく更新していこうと思います。