「つわり」中の奥さんに買って帰ると喜ばれる食べ物と飲み物9選

人によってだいぶ違いますが、「つわり」の時期に女性は様々なモノが食べられなくなるといいます。

「つわり」が酷い人になると何も口にできなくなるといいますから、旦那さんや家族がその時期は食べ物を買って帰ったりすると喜ばれます

しかし、この「つわり」というモノは厄介なもので、なっている自分自身でも何が食べたいのか分からないようです。

もっと厳密に言うと、「作っている時の匂いがダメなモノ」や「食べている時にダメなモノ」、そして「食べた後にダメになるモノ」があるために、自分自身も何がダメなのかその時にならないと分からないのだそうです

男性としては何が起こっているのか分からないので、奥さんが「つわり」で何も食べられなくなっているところを見るとどうしたら良いか分からなくなると思います。

全ての人がダメになるわけではないですが、一般的に「ご飯を炊く匂い」がダメということは良く聞くと思います。ただし、「つわり」の時期は異常に「パン」の匂いが美味しそうと感じる人が多いようです。

そして、「湯気」がダメになるという人も多いといいます。

つまり、暖かい食べ物は「つわり」の症状が酷くなる可能性が高くなります。もし何かを作ってあげようと思った場合は、少し冷ました食事が良いでしょう

私自身の経験も踏まえ、「つわり」の時期に喜ばれた「食べ物」を紹介したいと思います。

「つわり」中に喜ばれる9つのモノ

サンドイッチ

レタスやタマゴなど、サッパリした「サンドイッチ」を好む妊婦が多いといいます。

日頃から料理をしない人でも簡単に作ることができますし、コンビニなどでも気軽に購入することができます。

トマト

特に普段から「トマト」が好きで食べているわけでなくても、妊娠中は良く冷やした「トマト」を非常に美味しく感じると言います。

スーパーで美味しそうな「トマト」を見かけたら、購入して帰ってみましょう。「トマト」と同様に、「キュウリ」や夏場では「スイカ」を好む人も多いようです

フライドポテト

妊娠すると、やたらとジャンキーな食品がたべたくなるという人が多いようです。

その中でも、「フライドポテト」にハマる妊婦は少なくないと言います。ある妊婦さんのブログでは、様々なファーストフードのポテトを試してみて、一番「マックポテト」が美味しかったと言っている人もいました

リンゴ

色々な物が食べられなくなる妊婦ですが、水気が多いフルーツを欲するという人が多いようです。

特に「リンゴ」はいつでもあるフルーツですし、後味などもちょうど良いようです。

柑橘類

よく妊婦の人はレモンが欲しくなるというのを昔は聞いていましたが、私の妻は「グレープフルーツ」を異常に欲していました

同じ柑橘類として「みかん」などもありますが、なるべく酸っぱい物の方が好まれ傾向があるようです。

炭酸飲料

つわりの時期は、口の中が気持ち悪くなるということで炭酸水または炭酸飲料を欲する人が多いようです。

しかし、あまり甘いジュースばかりだと妊婦糖尿病になってしまい大変なことになるので、炭酸水にした方が良いでしょう。

梅干し

やはり酸っぱい物の代表として、「梅干し」や梅干しのおかしなどが人気のようです。

口の中が気持ち悪くなった時に、梅の酸っぱさがちょうど良いようです。「梅干し」もジュースと同様、塩分には気をつけましょう。

酢飯

妊娠中はあまり生魚を食さないほうが良いのですが、根菜などを混ぜた「ちらし寿司」や「いなり寿司」は美味しく食べられるという人が多いです。これも、やはり酸っぱみがあるからですかね。

おにぎり・お茶漬け

ご飯を炊く匂いを受け付けないようですが、食べる気力がないときに「おにぎり」や「お茶漬け」は何も考えずに食べられるので好まれるようです。

一気に量を食べられない変わりに、「食べづわり」の人は頻繁にご飯を食べたくなるようです。そんな時、冷凍ご飯や予め作っておいた冷凍おにぎりなどがあると喜ばれます。

まとめ

「つわり」の時期になんとか美味しく食べられるという物を9つあげましたが、いかがだったでしょうか?

これ以外にも、人によっては美味しく感じる食べ物はあるようですが、普段食べているものでも受け付けなくなる人が多いようです

もし「つわり」の時期に何か買っていってあげようと思った場合には、少し参考にしてみてください。