自転車に「ポンチョ」は危険!?雨具選びに気をつけたいポイント

梅雨の時期、雨降る日が多くなってくるので雨具が売れて当然ではないかと思いますが、道路交通法改正によりアウトドアショップなどでレインウェアが売れているのだそうです。

というのも、近年のブームによりエコの観点からも自転車を利用する人が増えました。

しかし、乗る人が増えれば事故も増えたということで、ここ数年自転車に関する交通法がよく改正されています。

中でも、以前からしないでくださいと言われていた『自転車による傘さし運転』が、2015年6月1日より道路交通法改正によって「危険行為」の項目に含まれました。

違反するとどうなる?

最近はだいぶ浸透してきて「傘さし運転」をしている人を都内ではほとんど見かけなくなりましたが、念のため定められた項目をサラッとおさらいしておきましょう。

「危険行為」14項目(2015年6月)


♦ 信号無視
♦ 遮断踏切立ち入り
♦ 指定場所一時不停止等(停止サインの無視)
♦ 歩道通行時の通行方法違反
♦ ブレーキ不良自転車運転
♦ 酔っ払い運転
♦ 通行禁止違反
♦ 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
♦ 通行区分違反
♦ 路側帯通行時の歩行者の通行妨害
♦ 交差点安全進行義務違反等
♦ 交差点優先車妨害等
♦ 環状交差点安全進行義務違反等
♦ 安全運転義務違反

最後の「安全運転義務違反」の中に、「自転車による傘さし運転」が含まれていますが、この項目の中には「自転車を運転しながらのスマホ使用」と「イヤホン使用」も含まれています。

もし、この「危険行為」項目に該当する違反をした場合、どのなるのか。それは、講習を受ける、または罰金を払わなくてはなりません。

3年以内に2回以上の「危険行為」をした場合には、都道府県公安委員会から講習を受けるように命令がくるそうです。

講習は、約3時間と自動車の講習より長い時間拘束されることになります。また、講習手数料として5700円(標準額)も支払う必要が出てきます。

この講習制度が適用されるのは、14才以上となっていますが、小さいお子さんにも安全に自転車の運転ができるように周りの大人がちゃんと教えていく必要がありますね。

もし講習を拒否した場合には、5万円以下の罰金が科せられるそうです。

レインウェアのオススメは?

「自転車による傘さし運転」が禁止されたことによって、どんなタイプのレインウェアを購入しようかと検討している人も多いかと思います。

様々なサイトやブログで紹介されているのが、「ポンチョ」タイプのレインウェア。その日着ている服に左右されることなく、上から被るだけなので人気があります。

しかし、便利に思える「ポンチョ」も、気をつけていないと事故を起こしてしまう危険性があります。

実際に、最近は「ポンチョ」によって起きた事故が増えているのだそうです。

理由その1:裾が絡まる

1つ目の理由は、裾が長いということ。自転車の車輪などに「ポンチョ」の裾が絡まってしまい、急に自転車が止まるなどして大けがをしてしまう可能性がある。

理由その2:横が見えない

2つ目の理由は、「大きなフード」で横が見えづらいということ。そのため、後ろや横から近づいている車に気づかず、接触事故を起こしてしまう危険性がある。

どうしても雨の日でも自転車に乗る必要がある場合には、画像のような上下が分かれていてフードがコンパクトな雨具を選んだ方が良いでしょう。

▼上下セパレートタイプの人気レインウェア▼

まとめ

2015年から道路交通法改正が施行され、マナーを守ろうと車道をちゃんと走ったり、傘ではなくレインウェアを着て乗るようにした人が増えているそうです。

しかし、車の違法駐車などにより車道の中心を走ろうとしたり、やむなく歩道を走ろうとする時に事故と繋がるケースが少ないようです。

道路交通法改正後は自転車の事故は増えているのが現状のようなので、みなさん気をつけて自転車に乗るようにしてくださいね。