カミソリ負けの味方かも!?専科の洗顔料「パーフェクトホイップ」

多くの女性は毎日「化粧」や「肌のお手入れ」が大変だと思いますが、男性も毎日「ヒゲ」の処理にトラブルを抱えて大変だという人は少なくないんじゃないでしょうか

私は休みの日は割と「無精髭」にするのですが、やはり普段は「ヒゲを剃る」ことが日課となっています。なぜ休みの日は「無精髭」にするのかというと、肌が弱いので「肌休日」を作ってあげる必要があるからです。

これまでも様々な「カミソリ」「電気シェーバー」「シェービングジェル」「シェービングクリーム」を使ってみましたが、なかなかコレという物が見つかっていませんでした。

それが、たまたま「シェービングジェル」がなくなってしまったので「あるモノ」を使ってみたところ、ヒゲ剃り後のヒリヒリ感や肌の突っ張りがなかったので、今ではその商品を愛用しています

「ひげ剃り」の基本

「電気シェーバー」は個人的に合わなかったので、私は「T字カミソリ」を使っています。なんか、「T字カミソリ」の方が「剃った!」という感じになるんですよね。

ですが、なるべく「肌」がヒリヒリしないように「ひげ剃りの基本」は心がけています。

ヒゲを少し蒸す

「床屋」に行くと、かならず熱いくらいのタオルを口の部分に置いて蒸すんですよね。あの状態のタオルを用意する場合は、電子レンジの利用が簡単です。

ただ、毎日「蒸しタオル」を用意するのは面倒くさいので、私は「肌」と「ヒゲ」をお湯で暖める程度にしています。

毛の流れに沿う

ヒゲの流れに逆らって剃ってしまうと、やはり「肌」を痛めてしまいます。そのため、毛の流れに沿って剃ることがカミソリ負けを少なくする最善の方法です

ただ、どうしても剃り残しが出てしまう箇所もあります。その時は、「逆剃り」を上手く使って奇麗に整えます。

保湿が大切

ヒゲを剃ったら、水でキレイに流します。冬場など乾燥する時期は特にですが、「乳液」などを利用して「肌」を保湿することがカミソリ負けしないようにする最善策になります

カミソリ負けの味方!?「パーフェクトホイップ」

これまでは「ヒゲ剃り用」の「ジェル」や「クリーム」を使っていたのですが、その時は予備もなくなってしまったのでパートナーが使っている専科の洗顔料「パーフェクトホイップ」をちょっと使ってみました。

hige

その時は「泡立つモノだったらなんでも良い」という考えで手に取ったのですが、その日はヒゲを剃ったにも関わらずカミソリ負けが全然ありませんでした

「もしかして?」と思い次ぎの日も使って見ると、やっぱりヒリヒリしない。それからというもの、ヒゲ剃りには専科の洗顔料「パーフェクトホイップ」を使っています。

容量を見ると少ないように思いますが、ペースト状になっているものを少し出してから手のひらで泡立てるので、一般的に売られている「シェービングクリーム」より断然コスパは良いです。

しかも女性を意識した商品でもあるので、「ヒアルロン酸」も配合。どうも、この「ヒアルロン酸」がカミソリ負けをカバーしてくれているようです

専科「パーフェクトホイップ」洗顔料の値段は?

さいごに

たまたま洗面所に置いてあったものを使ってみたら、今では手放せないモノとなってしまった専科の洗顔料「パーフェクトホイップ」。もしカミソリ負けに悩んでいる人がいたら、ぜひ試してみてください。