マタニティマークを付けるべき!?マタニティマークの認識と現状

男性ではあまり話題になるテーマではないので知らない人もいますが、女性の間では「マタニティーマーク」を付けるべきか否かが深刻な問題となっています。

根本的な問題として、安心して子供を授かれるような社会をこれからどのように作れるかが課題です

「マタニティマーク」は、母親と赤ちゃんにやさしい社会をつくるというテーマに基づいて2006年に作られたマーク。

当初は、「妊婦」だと分かってもらえるようにもっと目立つデザインにしてほしいという要望もあったほどですが、現在はお腹が大きくなっていることすらも隠して電車に乗る人もいるようです



このマークを付けていることによって、どのような問題が起きているか

ひとつは、妊婦だということでお腹を殴られたり押されたりすること。

もうひとつは、「マタニティマーク」を付けていることにより、席を譲れと言われているようでプレッシャーを与えてられているように感じる人がいるそうです。

実際に危険らしい

なぜ妊婦だということでお腹を殴られたりしなければならないのか。

それは、なかなか子供を授かれない人に妬まれたりすることが要因だそうです

結婚が高齢化することによって、妊娠することも難しくなっているのでノイローゼになる人も少なくないといいます。

自分が授かれないために妊娠している女性にあたる気持ちはまだ解らなくもないですが、「マタニティマーク」を見て暴言を吐く人もいるようです。

多くは公共機関を利用するなと言ったり、大げさだと言う人もいるそうです

都会に住んでいる場合は公共機関を利用しないで生活をすることは難しいので、これらのツイッターなどの口コミを見ていると妊娠したことに喜んでばかりはいられないのが現状です。

最近は妊娠を隠している

「マタニティマーク」をつけているか否かに限らず、妊婦だということでお腹を蹴られたりすることが起きています

そのため、妊婦らしい格好などを避け、本当にお腹が大きくなるまで妊婦ではないようにする人も少なくないといいます。

マタニティマークを付けて…

「マタニティマーク」をつけている人に暴言を吐く人のなかには、以前にマークを付けた人に嫌な思いをさせられた経験がある人も中にはいるのかもしれません。

というのも、すべてマークを付けている人が被害を受けているわけではなく、マークを付けた人が横暴な態度を取っているケースもあるようです

妊婦に対して周りは親切にすべきですが、妊婦だからといって偉いわけではありません。

そこを勘違いしている妊婦も中にはいるようなので、様々な口コミを見ていると正直どちらとも言えないのが現状といったところでしょう

これから

本来は、「マタニティマーク」を付けることによって、妊婦とお腹の中の赤ちゃんにやさしい社会を築けることが理想でしょう。

そのためには、子供をもっと授かりやすい社会や環境を整えたりや妊娠についての理解を広めていくことが大切となります。

高齢によって子供を授かることがどれだけ大変か、若い時から教えられる教育が必要だとも思います。そして、若いうちから安心して子供を授かることができるような社会になればと思います。