きかんしゃトーマス だいすきブックという本を買ってみた!

連日のトーマスネタとなってしまいますが…

突然やってきた、我が子の「きかんしゃトーマス」ブーム!

寝ても覚めても「トーマス!パーシー!ジェームス!」と嬉しそうに叫んでいるんですが、好きになったキッカケをよーく考えてみたら「テーマソング」からだったんですよね。

もうお風呂に入っている時だろうが、ご飯を食べている最中だろうが、「たくさんならんだ〜♪」と歌い始めます。

いつも、「トビーだけ、四角い仲間って…」とツッコンじゃいますけどね。笑

ここ数週間はそんな毎日なんですが、そういえばトーマスに関する本がないことに気づいたんですよ。

それで本屋へ行って、我が子に選ばせてみました。

すぐ崩壊!クランキーが…

今回本を買いに行って思ったコトが、どんな内容なのかイマイチ分からない子供向けの本や教材が多いんですね。

しかも、その場でネット検索しても口コミがなかったりして…

まあ買って中身を見ろってコトなんだと思いますが、失敗しないようにするにはどれを買った方が良いのか躊躇してしまいますよ。

とはいえ何か1冊は買って帰りたかったので、「きかんしゃトーマス だいすきブック」を最終的に選んでもらいました。

中身としては、お話が4つとシールなどを貼って遊ぶページ、そしてクランキーがトーマスたちを釣って遊ぶ付録がある感じ。

「作って!」と我が子に言われたので、家に帰って早速クランキー作り。

cranky

バーン!見事完成!

「クランキーだー!トーマスだー!」と喜ぶ我が子、それを見ながら癒される私。

が、それも束の間…

数時間後にはなんと、見るも無残な状態に崩壊!

cranky

「壊れちゃったね!」(我が子)

「壊したのは、あなたでしょ…」(私)

「また作って!お願い♡」(我が子)

「どこで覚えたの、そんなオネエちゃんみたいなお願いの仕方…」(私)

と腰をクネクネしながらお願いされたのですが、なにせ紙をビリビリにされてしまったので修復は困難。

まだ、2歳半の我が子には早かったのか?

でも、夜寝る前にも朝起きた直後も本にかじりつくように読んできます

まあ、買って良かったのかな。

ひとまず崩壊したクランキーをどうしようか、迷っている今日この頃です。