母乳が詰まった時の解消法は!?改善すべきは「食べ物」ではなく「授乳姿勢」

我が子も生まれて100日目。

退院した時から約2倍の体重となり、今のところ何事もなく順調に育っています。

しかし、約1ヶ月前から「悩みの種」となっているのは「母乳の詰まり」

これまでに「産後ケア」を利用したり「助産師さん」を家に呼んだりもしましたが、それでも週に1〜2回ペースで詰まるトラブルとなっています。

詰まる度に妻は、「あ〜、母乳が詰まると他に何も考えられない!」と言って一日中「ため息」をついています。

母乳が詰まると解消されるまでにも数日を要するので、週1〜2回ペースだとほぼ毎日「母乳」のことを考えている状態。

「完全母乳」を諦めようと考えつつも、でも「母乳」で育てられるのなら出来るだけ「母乳」で育てたいと妻は日々葛藤しています。

「母乳」はいきなり止められない

あまりに「母乳」が詰まると「乳腺炎」となり、ひどくなると手術をする必要があると言います。

妻のカチカチに胸が張った状態を初めて触った時は、「はぁ!?なにこれ?」と思わず言ってしまいました。

「胸が張る」なんてもんじゃない。

胸の中に「石」でも詰まってるのかと思うほど堅くなっていたので、これは大事だと気づきました。

そんな大変なのであれば今すぐにでも「母乳育児」を止めてしまえばラクになるじゃないかと思ってしまいますが、そうは簡単にはいかないもの。

冷静に考えてみれば分かることですが、「今日から母乳育児は、や〜めた!」と思っても「母乳」はどんどん作られてしまうのがツラいところ。

どんなに胸の痛みがあっても、毎日の出す量を減らしながら「母乳育児」を終らせなければなりません。

方法としては、主に以下の2種類。

[aside type=”normal”]

授乳回数を減らしていく方法

1、1日の「母乳」での授乳回数を減らしながら、「粉ミルク」の授乳を段々と増やしていく。
2、完全に粉ミルクにして、段々と1日の回数を減らしながら搾乳をする。

[/aside]

やはり段々と回数を減らしていくので、早い人で2週間とかで終らせられることもあるみたいですが、だいたい約1ヶ月くらいかけて行うのだそうです。

食べ物は関係ない!?

「母乳」が詰まる原因として「食べ物」がよくあげられていますが、どうやらあまり関係ないというのが最近の見解のようです

でも、なぜ「食べ物」が原因だとして巷では言われているのか?

よく詰まると言われている「食べ物」は、「油っこいもの」や「甘いもの」。

これらが欲しくなる時って、どういう時でしょう?

ずばり、体が疲れている時やストレスが溜まっている時

「食べ物」が直接的な原因ではなく、「油っこいもの」や「甘いもの」を欲している状態の時は詰まり易くなるのではないかというワケです。

解消するには、「抱き方」が重要!?

ある助産師さんが推奨しているのは、「母乳」が詰まる時ほど「授乳姿勢」を見直す必要があるということ

いつも同じ「抱き方」だと、どうしても赤ちゃんの飲み方が偏ってしまうんだそうです。

そもそも、赤ちゃんはどのようにして飲んでいるのか?

ただ吸っているように見えますが、口の中で上手に「舌」を乳首にあてながら母乳を飲んでいるのだそうです。

そして、飲む力が強い場所は「下あご」の部分。

「上あご」の方向に位置する部分からは飲みが弱いため、いつも同じ読ませ方をしていると「上あご」に位置している部分から詰まりやすくなるそうです

そのため、いつも同じ方向で授乳するのではなく、詰まっている側に赤ちゃんの「下あご」がくるような「抱き方」にして授乳させると効果があると言われています。

実際に妻の成功例を出すと、一度「右の胸」がパンパンに脹れたことがあります。

その時は、やはり「横抱き」での授乳をしていたので、胸の右側だけが堅くなっていました。

「下あご」が逆になるよう、次の授乳時に体の右側に子供を抱くような姿勢、つまり「フットボール抱き」にして飲ませたところ詰まりが解消して噴水のように出たことがあります。

最終手段は、大人が吸う

結論から言うと、大人が吸うとすぐに解決しました

あまりに妻の胸がカチカチになってしまったので私が吸ってみたところ、ものの数分で詰まりが解消して噴水のように「母乳」が出てきました。

でもその時、「赤ちゃんって、スゲ〜!」と改めて感心しました。

なぜかというと、数分吸っただけでも口の周りが「筋肉痛」になりそうなのに、そんな大変なことを「授乳」のたびに行っているワケですからね。

吸うコツとしては、堅い「バニラシェイク」をストローで飲むような感じで

特に、「舌」を使いながら口先だけで吸うとあっという間でした。

やはり大人が飲む時も、堅くなっている側の胸に「下あご」がくるようにする必要があると思います。

体勢はどのような形でも良いと思いますが、私の場合は妻に上向きで寝てもらい上から吸いました。

まとめ

授乳期の母親は、約1割の人は全く問題なく、それ以外の人は何かしら「母乳トラブル」に見舞われるようです。

ある助産師さん曰く、「母乳」が詰まった時は「産後ケア」を利用して、マッサージを受けるのではなく「正しい飲ませ方」や「別の飲ませ方」の指導を受けることをオススメするそうです。