これだけで変わる!「FX」を「ポイントサイト」経由で始める人でも損失を最小限に抑える3要素

単純に昔から「FX」というものに興味はあったのですが、元手がかかることと大損するんじゃないかという懸念もあってなかなか手が出せないでいました。

しかし、ここ数ヶ月というもの急に「FX」をするようになりました。

知っている人にとっては常識範囲、知らない人にとっては「どういうこと?」という感じだと思いますが、「FX」って口座を開設するだけでお金がもらえる「ポイントサイト」だったり「自己アフィリ」があります

まあ、最近は口座を開設するだけではダメな場合も多いのですが、要点を押さえて取引をすれば損をする人はほとんどいないと思います。

では、「ポイントサイト」や「自己アフィリ」で「FX」を始めようとしている人のために、損失を最小限に抑えるポイントを3つ紹介したいと思います

「FX」をやるための下準備

「FX」を始めるには、ある程度の下準備が必要になります。準備とは、「お金」と「書類等」を用意すること。「FX」の口座を開設する際には、数万円のお金とマイナンバーなどが必須となります。

fx

「ポイントサイト」や「自己アフィリ」の条件によっても異なるので、最低限振込まなければならない金額をしっかりと確認してください。そして、本人確認のために「マイナンバー」や「免許証」などを写真なんかで撮ってアップロードする必要もあります。

本人確認の書類は内容がしっかりと確認できれば問題ないので、スマホで撮った写真で十分です。それぞれの書類の裏表の写真が必要だったりもするので、二度手間にならないようにしときたいですね。

「お金」を入金するには、大手の銀行やゆうちょ銀行ならば「クイック入金」というシステムを利用することにより、手数料無料で口座の反映もすぐに行うことができます。入金するには、書類の審査が通って口座を持ててから手続きをするこができます。

「クイック入金」をするには「ネットバンキング」の利用が便利なので、ゆうちょ銀行の「ゆうちょダイレクト」などを予め登録しておくと手続きが簡単です。

いざ「FX」で取引をしてみる

「FX」は、日本の通貨や海外の通貨などの値動きを読んで、売ったり買ったりしたモノの差額で儲けたり損したりします。なので、読みを間違えると当然損します。

fx

「ポイントサイト」や「自己アフィリ」でお小遣い稼ぎをしたいだけなら、この「損」する部分を最小限に抑えたい。誰だって、「損」はしたくないですもんね。

私もそうでしたが、全くの素人では「FX」は危険です。値動きの激しい時間帯に取引をすると、ものの数秒で1000円とか損しちゃいます。なので、これから「FX」を本気で取り組みたいと思っている人以外は、最低限のポイントだけ抑えて取引をすることをオススメします。

▶︎ ポイント1、時間帯

「FX」は基本的に24時間、月曜日から土曜日の午前中まで取引をすることができます。これは、日本の市場だけでなくアメリカやヨーロッパの市場が動いているために取引が可能となっています。

「じゃあ、いつ取引してもいいんだ!」と思ってしまいますが、そういうワケでもないんです。実は、アメリカとヨーロッパの市場が動いている時間帯は非常に値動きが激しいため、お小遣い稼ぎで「FX」の取引をしようと思った場合は避けた方が無難です。

では、いつ頃が値動きの少ない時間帯なのか?

日本時間の早朝4時〜5時頃になるとほとんどの市場が動いていないので、かなり値動きが少ないです。でも、この時間帯に起きて取引する気にはあまりならないですよね。

なので次に注目したい時間帯は、日本時間の11時〜15時まで。この時間帯なら、よっぽどの事件などがない限りは値動きが少ないです。

日本の市場は9時からなのですが、10時前後には大きく動く傾向にあります。理由としては、日本の大企業がドルを買ったりするからです。そのため、5の付く日などは特に動くことがあります。

そして、値動きが激しいヨーロッパの市場が始まるのが日本時間の15時か16時。サマータイムが海外にはあるので、季節によって始まる時間が違います。

これらの理由から、日本時間の11時〜15時に取引を行う方が無難に取引回数だけを増やすことができます

日本時間の22時以降になるとアメリカの市場も動き始めて更に値動きが活発になるので、お小遣い稼ぎで「FX」に手を出す人は本当に避けた方が良いです。

どれだけ値動きが違うのか気になった人は、夜にログインして取引画面を見てみてください。昼間とは打って変わって、フリーフォール並みに垂直落下している時もあります。かなり、ゾッとします。

▶︎ ポイント2、曜日

「FX」というのは、取引画面だけを見ていると「数字」がたくさん表示されているだけのように思いますが、「人の心情」がすごく反映されて動いています

基本的に週末は休みで、祝日を除いた平日のみに多くの人が動いていると考えます。そうすると、月曜日は休み明けでなんとなく不安定な取引が多くなります。

そして、休み前の金曜日。これは祝日の前日も当てはまりますが、休み前になんとか終らせたいという「人の心情」も混ざって少し取引が激しくなることもあります。

そうなると、火曜日から木曜日に取引を行う方が、安定して取引が緩やかな状態になることが多くあります。もちろん他の要素も関係してくるので、あくまで「割と」という話です。

もし余裕があるのであれば、取引画面で曜日を気にしながら過去のグラフを観察してみると面白いことが分かるかもしれません。

▶︎ ポイント3、要人の発言

「FX」を行う上で、絶対に「要人の発言」に気をつける必要があります。この「要人」とは、日本では「日銀総裁」だったり「財務省」の人だったり、金融に関連する人を指します

「要人」の人がなんらかの発言をすると、「今のうちに売っとかなきゃ!」などと人が急に動いたりするので、発言後には相場が大きく動いたりすることがあります。

そのため、「要人の発言」の前後にはあまり取引をしない方が無難です。と言っても、発言後でも肩すかしをくらったように何も変化がない時もありますけどね。

でも何らかの金融政策に関する発言をされる時もあるので、やっぱり避けといた方が良いです。

では、いつ頃「要人の発言」があるのか?

実は、基本的にスケジュールは予め確認することができます。「FX」のサービスによっては取引画面で見ることもできますし、「FX」関連のサイトを見るとスケジュールを載せていることもあります。

そのため「要人の発言」がいつ発表されるのか、軽くで良いので把握しておくと安心です

まとめ

どうしても「お金」「通貨」ということばかりに気を取られてしまいますが、実際に取引をしてみると「FX」って「人の心情」に左右されていることが良く分かります。

「ポイントサイト」や「自己アフィリ」で「FX」を始める際は、「時間帯」「曜日」「要人の発言」に気をつけながら、最小限の損失に抑えられるように頑張ってください。

もちろん、儲けちゃっても良いですよ。