なぜか高級『加湿器』になってしまった!人気の”VICKS”スチーム加湿器

冬の時期になるとただでさえ湿度が低いのに、暖房器具で部屋を暖かくすると余計に空気がカラカラになってしまいますよね。

そんな時でも、湿度を上げるためによく利用されているのが『加湿器』。種類は3つあって、「スチーム式」と「超音波式」、そして「気化式」があります。

「気化式」は簡単に言うと、濡れた物を置いておくという感じなので安全ですね。でも、スポンジとかにカビとか生えちゃったりして大変なことになることもあります。

「超音波式」は、熱が発生しないので夏場なんかでも重宝されます。しかも、触っても暑くないのでお子さんが小さい家では安心して使えます。

しかも、お洒落なものが多い!ここが、一番のポイントですかね。

でも、『掃除』をこま目にしなければならないというところが難点なんですよね。実際にあまり『掃除』をしないで、繁殖した「菌」をばらまいてしまっている人もいるかもしれませんよ。

手間がかからない「スチーム式」

「スチーム式」は、沸騰させながら加湿するので、お子さんが小さいと怖いですし電気代もかかってしまう。しかも、お洒落じゃない商品が多い。

でも、一番の特徴は『手間入らず』という点。頻繁に掃除をする必要もなければ、カビとかが生える心配もない。なぜなら、使っている最中は煮沸消毒しているようなもんですからね。

そういうわけで、うちでは「スチーム式」の「Kaz(カズ)」の「VICKS スチーム式加湿器」を使っています。

安価で『手間入らず』、そして口コミの評価が高かったので数年前に購入しました。購入した時は、4千円弱だったのでヨドバシで気軽に買いました。

yulog

数年使っていて思ったことは、今まで使ったことがある『加湿器』たちと比べ格段に扱いがラクなこと。そして、『加湿力』も高いので、すぐに湿度が高くなります。

あの値段ならもう1個くらい家に置いておいても良いと思い通販サイトを見ると、まさかの2万円超え。

久々に通販サイトを見ると、「並行輸入品」なら割と安い値段で販売されているようですが、どうして高額になってしまったんでしょうかね。

VICKS スチーム式加湿器 V105SG [並行輸入品]

新品価格
¥6,000から
(2016/2/14 18:54時点)