女性でも調理し易く改良された「山田工業所×釜浅商店」の鉄打ち出しフライパン

2ヶ月程前、調理道具で有名な合羽橋にある「釜浅商店」という店で「中華鍋」を購入しました。その時になぜ「中華鍋」を購入したのかというと、目的の「フライパン」が1年待ちと言われたため

早ければ8ヶ月後には用意できると言われましたが、まあ受け取れるのは来年になるだろうと覚悟していました。しかし、予想外な連絡が携帯の留守電に入っていました。

それは、まだ予約してから2ヶ月しか経っていないのに「釜浅」からフライパンを渡すことができるという内容でした

山田工業所×釜浅の「鉄フライパン」

山田工業所×釜浅の「鉄フライパン」

普通の山田工業所「鉄フライパン」は、楽天などでも購入することができます。しかし、釜浅オリジナルの「鉄フライパン」は普通のとはちょっと違います

大きく違う箇所は、「柄」と「つなぎ目」。「柄」が改良されているため、女性でも持ちやすいようになっています

山田工業所×釜浅の「鉄フライパン」

普通の山田工業所「鉄フライパン」の「柄」は、ハーフパイプのようになっていて少し持ちづらいです。更に少しゴツい作りとなっているので、女性なら釜浅オリジナルの方が良いと思います。

そして、「つなぎ目」は家庭向けに改良されています

山田工業所×釜浅の「鉄フライパン」

どういう事かというと、釜浅オリジナルは「蓋」が出来るようにフライパンのフチの部分より上に「柄」が来ないように作られています。

普通の山田工業所「鉄フライパン」を見てみると、フライパンのフチより上から「柄」が出ているので「蓋」がしづらいです。さらに、「ビス」のようなものが釜浅オリジナルはないので、フライパンの中がスッキリしています。

山田工業所×釜浅の「鉄フライパン」

この「ビス」の部分が「錆」になるようなので、この部分がない状態に作られているのは嬉しいことです。

使い勝手

私が購入したサイズは。26cm。大人3人分くらいの料理であれば、十分に作れる大きさです。見た目もシンプルなので、キッチンにそのままぶら下げてもオシャレになります。

「柄」の部分が熱くなったりするのかと思っていましたが、そんなこともなく素手で調理が可能。「空焚き」も不要なので、最初に中性洗剤でしっかり洗ったら、その後は油を恥じませながら「フライパン」を育てていきます。

若干「柄」の部分が長いので、最初の数回は握る場所に悩みます。テフロンのフライパンなどと比べると「鉄の塊」なので重いですが、どうせ調理中はあまり動かさないので気になりません。

まとめ

最初は少しこびり付いたり手入れが面倒ですが、慣れてくるとなんてことありません。調理器具が違うと、同じ料理を作っていてもこんなに美味しくなるのかと感動することもあります。

山田工業所のフライパンを検討している場合は、ぜひ「釜浅商店」のオリジナルフライパンもチェックしてみてください
>楽天で商品を確認<
>Yahoo! ショッピングで商品を確認<